フェジョアーダ風豆の煮込み

ブラジルではフェジョアーダとよばれる、豆と牛・豚肉を煮込んだ料理が家庭でよく食べられます。今回は手に入りやすい白いんげん豆と豚肉でフェジョアーダ風のアレンジレシピをご紹介します。豚バラをしっかり焼いて脂を引き出し、そのうまみで具を炒めるのがポイント。ワインがすすむ味です!

料理家:ヤミー

材料(2人分)

豚バラかたまり肉
300g
ソーセージ
2本
玉ねぎ
1/2個
にんにく
1かけ
白いんげん豆(水煮)
1缶(400g)
サラダ油
小さじ2
ローリエ
1枚
1カップ
適宜
こしょう
少々

作り方

  • 豚肉は一口大に切って塩小さじ1/2をもみ込み、10分おく。ソーセージは幅1センチに切り、玉ねぎは薄切りにする。にんにくは半分に切って芯を取り、つぶす。
  • フライパンにサラダ油を中火で熱し、豚肉を焼きつける。薄く焼き色がついて脂が出てきたらソーセージ、玉ねぎ、にんにく、ローリエを加え、玉ねぎがしんなりするまで炒める。
  • 白いんげん豆を加えてさっと混ぜ、水を加える。煮立ったらふたをして弱火にし、15分煮る。塩少々、こしょうで味をととのえる。

ポイント

フェジョアーダをご飯の上にかけて丼にするのもおすすめです。ご飯にうまみたっぷりの汁がしみておいしく食べられます。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.