手羽先のグリル照り焼き

骨付き肉ならではのおいしさが味わえるのがグリル焼きです。皮はパリっと香ばしくなり、脂もほどよく落とせておいしく焼き上がります。骨に沿って切り込みを入れておくと、早くしっかり焼けますよ。食べるときに七味唐辛子や粉山椒をふるのもおすすめです。

料理家:コウ静子

材料(2人分)

手羽先
6本
赤パプリカ
1/2個
黄パプリカ
1/2個
ズッキーニ
1/3本

A

しょうゆ
大さじ1
みりん
大さじ1/2
砂糖
大さじ1/2
小さじ1
小さじ1/2

作り方

  • 手羽先は皮を下にしてまな板に置き、骨に沿って包丁で切り込みを2本入れる。ボウルにAを混ぜ合わせ、手羽先を入れてからめ、5分ほどおいて下味をつける。
  • 魚焼き用グリルに手羽先を並べ、強めの中火で7分ほど焼く(片面焼きの場合は途中で上下を返す)。様子を見て、焦げそうな場合はアルミホイルをかぶせて。
  • 手羽先を焼く間にパプリカはへたと種を取り除き、縦のくし切りにする。ズッキーニはへたを切って幅1センチの輪切りにする。グリルの空いている部分に並べ、両面こんがりするまで焼く。

ポイント

ご飯にのせれば照り焼き丼になります。骨から肉をはずし、せん切りキャベツとともにご飯にのせましょう。照り焼きのタレをとろりとかけて!

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.