タイ風ひとくち焼き餃子

ひき肉をナンプラーで味つけし、タイ風のタレをつけて食べる餃子です。ひだを寄せるのではなく、ペタンと三角形に折りたたんで包むので簡単。見た目も可愛いいし、こんがりした焼き上がりになります。カリッとかるくていくらでも食べられます!

料理家:コウ静子

材料(25個分)

ワンタンの皮
25枚
豚ひき肉
50g
春雨
10g
きくらげ(乾燥)
3g
セロリ
1/2本
サラダ油
少々
大さじ3

A

ナンプラー
小さじ2
ごま油
小さじ1
しょうゆ
小さじ1
にんにく(すりおろし)
1/2かけ分
こしょう
少々

タレ

ナンプラー
大さじ1
レモン汁
大さじ1
にんにく(みじん切り)
1/2かけ分
砂糖
小さじ1/4
赤唐辛子(種を取って小口切り)
少々

作り方

  • 春雨は袋の表示通りに戻してざるに上げ、水気をきって長さ1センチに切る。きくらげは水で戻し、みじん切りにする。セロリは筋を取ってみじん切りにする。ボウルにひき肉、春雨、きくらげ、セロリとAを入れてよく練る。
  • ワンタンの皮に1のたねをのせ、皮の端に水を塗って三角形になるよう半分に折りたたむ。さらに三角形の頂点をたたみ、写真のような台形にととのえる。
  • フライパンにサラダ油を薄くひき、餃子を並べて強めの中火にかける。焼き色がついたら水を回し入れてふたをし、水気がなくなるまで蒸し焼きにする。ひっくり返してもう片面にもこんがりと焼き色がついたら、皿に盛る。タレを作り、ざく切りにした香菜とともに添え、好みでつけて食べる。

ポイント

そのままでも食べられますが、タレをつけるとさらにおいしくなります。ほどよい甘みと酸味、ナンプラーのコクとうまみで後をひくおいしさです。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.