黒豆の五穀ごはんチャーハン

1月15日の韓国節分では、豆やくるみなどの硬い物を、音を立てて食べることで邪気を祓うならわしがあり、その日は黒豆のご飯などを食べるのだとか。黒豆や雑穀入りのごはんは体にも良いので、おすすめです。みんなの大好きなチャーハンにアレンジしました。

料理家:コウ静子

材料(2人分)

黒豆五穀ごはん(作りやすい分量)

2合
黒豆
15g
雑穀(きび、麦、黒米など合わせて)
大さじ3

チャーハンの具

2個
ねぎ
1本
ベーコン
3枚
適量
ごま油
大さじ1と1/3
こしょう
少々
しょうゆ
小さじ1

作り方

  • 黒豆五穀ごはんを作る。米と雑穀は炊く30分前に洗って、それぞれざるに上げておく。黒豆はサッと洗って水気を拭き、フライパンで豆の皮がはじけるまで空煎りする。
  • 炊飯器に米を入れて目盛り通りに水を入れ、黒豆、雑穀、水大さじ2を加えて普通に炊く。
  • チャーハンを作る。ボウルに卵を溶きほぐし、塩少々を加える。ねぎはみじん切りにする。ベーコンは幅2センチに切る。フライパンにごま油を強火で熱し、溶き卵を流し入れる。大きく混ぜ、ふわっと半熟状になったら一度取り出す。
  • フライパンにベーコンを入れて炒める。焼き色がついたらねぎを加えて炒め、黒豆五穀ごはんを茶碗2杯分加える。全体を炒め合わせたら塩少々、こしょう、しょうゆで味を調える。

ポイント

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.