タイ風鶏の照り焼き カリカリしょうが添え

鶏肉をたれに漬けて焼く料理で、タイではガイヤーンと呼ばれています。ナンプラーにオイスターソースとはちみつをプラス。うまみとコク、甘みのある味があとをひきます。揚げたしょうがを散らすと、ぐっとエキゾチックな味わいに。

料理家:寺田真二郎

材料(2人分)

鶏もも肉
1枚
にんにく(すりおろし)
1/2かけ分
しょうが
2かけ
少々
黒こしょう
少々
サラダ油
適量
小麦粉
適量
ライム
1/2個
パクチー(香菜)
適量

A

ナンプラー
大さじ1
オイスターソース
大さじ1/2
はちみつ
大さじ1/2
大さじ1

作り方

  • 鶏肉は筋を切って塩、黒こしょう各少々をふり、ボウルに入れてにんにくをもみ込む。しょうがはせん切りにし、水に1~2分さらして水気を切る。多めのサラダ油でしょうがをカリッとするまで揚げて取り出す。
  • 鶏肉に小麦粉を薄くまぶす。サラダ油を熱したフライパンに、鶏肉の皮を下にして入れる。両面をこんがりと焼き、脂が出てきたらペーパータオルで拭き取る。
  • Aを混ぜ合わせる。鶏肉のフライパンにAを入れ、全体によくからめて取り出し、食べやすく切る。皿にざく切りにしたパクチーを敷いて鶏肉をのせ、揚げたしょうがを散らす。くし切りにしたライムを添える。

ポイント

甘みのあるたれはご飯との相性抜群。細切りのレタスやパプリカと一緒にご飯にのせ、丼風にするのもおすすめです。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.