関東風すき焼き

関西風のすき焼きでは、牛肉を焼いてから味つけしますが、最初からわりしたを煮立てるのが関東風。こっくり甘辛味のわりしたに牛肉のうまみが移って、具もおいしく食べられます。

料理家:コウ静子

材料(2人分)

牛肉(すき焼き用)
200~250g
白菜
1/6個
春菊
1/2わ
えのきだけ
1/2袋
ねぎ
1本
焼き豆腐
1/2丁
結びしらたき
4個
2個

わりした

しょうゆ
1/2カップ
1/2カップ
みりん
1/2カップ
だし汁
1/2カップ
砂糖
大さじ3

作り方

  • 白菜は食べやすく切る。春菊、えのきだけは根元を切り落とす。ねぎは幅1センチの斜め切りにする。焼き豆腐は食べやすく切る。結びしらたきはさっとゆでる。
  • わりしたの材料を混ぜ合わせる。
  • すき焼き鍋にわりしたを入れて火にかけ、煮立ったら、具を並べ入れる。好みの煮え加減になったら、溶き卵をつけて食べる。

ポイント

汁気と具が少なくなったら、残った卵を回し入れて卵とじに。ご飯にのせれば、シメの牛丼のでき上がりです。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.