さんまの瞬間薫製

スモークしていると、キャラメルのようなほのかに甘くて香ばしい香りが漂います。さんまの表面は、こんがり黄金色。皮には少し苦みが出るので、食べるときに取ってください。時間があれば、さんまの内臓をとってから半日くらい日陰干しをして水分をとばすと、よりおいしく作れます。フライパンでも作れますが、空焚きになるので、フッ素樹脂製ではなく鉄製を使って。

料理家:コウ静子

材料(2人分)

さんま
2尾
茶葉(ほうじ茶)
大さじ2
砂糖
大さじ1
少々
こしょう
少々
オリーブ油
少々
粒マスタード
少々

A

少々
小さじ2
みりん
小さじ2
しょうゆ
小さじ2

つけ合わせ

ベビーリーフ
適量
バゲット
適量

作り方

  • さんまは頭を切り落として、腹に切り目を入れ、ワタを出す。骨のまわりの血合いなどを指でこすりながら流水でしっかり洗い流し、水気を拭き取って長さを半分に切る。Aを全体にからめる。
  • 中華鍋(または深さのある鉄のフライパン)にアルミホイルを敷き、茶葉、砂糖をしいて焼き網をのせる。
  • 焼き網の上にさんまをのせ、ふたの周りにアルミホイルを巻き付け、ふたをかぶせる。中火にかけ5~6分燻す。火を止め、ふたをしたまま5~6分おく。皿に盛って塩、こしょう、オリーブ油をふり、粒マスタードを添える。つけ合わせも添えて一緒に食べる。

ポイント

魚以外でも、薫製におすすめの食材をご紹介しましょう。チーズや帆立貝柱などはおすすめ。チーズは半硬質のナチュラルチーズの他、プロセスチーズでもOKです。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.