鶏からあげのピリ辛甘酢あんかけ

鶏のから揚げに、辛みのきいた酢豚風のあんをかけて食べます。台湾では人気の干丼鶏(カントンチー)という料理です。野菜をいろいろ入れず、玉ねぎだけにするのがポイント。手軽に作れて、あんの味が引き立ちます。いつものから揚げがグレードアップしますよ。

料理家:寺田真二郎

材料(2人分)

鶏もも肉
大1枚(約300g)
玉ねぎ
1/4個
スナップえんどう
4本
赤唐辛子(種を取って輪切り)
1/2本
大さじ1
少々
片栗粉
適量
揚げ油
適量
サラダ油
小さじ1

A

しょうゆ
大さじ2
砂糖
大さじ2
大さじ1と1/2
1/2カップ

水溶き片栗粉

片栗粉
小さじ1
小さじ2

作り方

  • 鶏肉は一口大に切り、塩少々、酒をもみ込む。玉ねぎは1センチ角に切る。スナップえんどうは筋を取って熱湯でさっとゆで、湯をきって5ミリ幅の斜め切りにする。
  • フライパンに揚げ油を入れ、180度に熱する。1の鶏肉に片栗粉をまぶして揚げ油に入れ、きつね色になるまで揚げる。油をきって器に盛る。
  • フライパンの油を取り出してきれいに拭き、サラダ油、玉ねぎ、赤唐辛子を入れて中火で炒める。全体に油が回ったらAを加える。沸騰してきたら水溶き片栗粉を混ぜて加え、とろみがついたら2の鶏肉を加えてからめる。器に盛り、スナップえんどうをちらす。

ポイント

ご飯にのせて丼にしてもいいでしょう。甘辛味のあんがご飯によくからんでおいしく食べられます。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.