餅と卵の巾着雪鍋

鍋の中の大根おろしを雪景色に見立てる雪見鍋。巾着の油揚げから出るうまみで、煮汁にもコクが出ます。薄味で仕上げてあるので、ぜひ汁ごと食べてください。大根おろしは消化吸収にもよいので、年末年始で胃腸が疲れやすい時期にもぴったりです。

料理家:コウ静子

材料(2人分)

豆腐
1/2丁
大根
10センチ
三つ葉
1/2わ
2個
丸餅(または切り餅)
2個
油揚げ
2枚

A

だし汁
4カップ
大さじ2
しょうゆ
大さじ2
みりん
大さじ2
小さじ1/4

作り方

  • 豆腐はペーパータオルで包んで10分おいて水きりし、食べやすく切る。大根はすりおろし、かるく水気をきる。三つ葉6本は熱湯でさっとゆでてさましておき、残りは長さ3センチに切る。
  • 油揚げはざるにのせて熱湯を回しかけ、油抜きをする。長さを半分に切って袋状に開く。器に卵1個を割り入れ、油揚げに入れてゆでた三つ葉でしばる。同様にして餅1個も油揚げに入れ、卵入り2個、餅2個ずつ、合計4個の巾着を作る。
  • 土鍋にAを入れて中火にかけ、煮立ったら豆腐、巾着を入れる。再び煮立ったら大根おろしを加えて三つ葉を散らし、温まったらでき上がり。

ポイント

鍋のしめはおろしそばにしましょう。残った煮汁をしょうゆ、みりんで味をととのえ、ゆでたそばを加えて温めます。器に盛り、あれば三つ葉を添えて。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.