さんまのピリ辛コチュジャン煮

韓国料理ではおなじみのコチュジャン味の煮魚です。にんにく、しょうがなどの香味野菜もきかせているので、深みのある味わい。さんまの脂やクセが気になるという人でもおいしく食べられます。さんまは、内臓を取り出した後にしっかり洗い、水気をよく拭きましょう。

材料(2人分)

さんま
3尾
ねぎ
1/2本
にら
1/2わ
糸唐辛子
適量

 しょうが(みじん切り)
1かけ分
 にんにく(みじん切り)
2かけ分
 酒
1/2カップ
 水
1/2カップ
 みりん
1/4カップ
 砂糖
小さじ1
 みそ
大さじ1
 しょうゆ
小さじ2
 コチュジャン
大さじ1と1/2
 粉唐辛子
大さじ1

作り方

  • さんまは頭を切り落とし、腹に切り込みを入れて内臓を取り出す。腹をしっかり洗って水気を拭き、長さ5センチくらいに切る。ねぎはみじん切りに、にらは長さ1.5センチに切る。
  • 鍋にAを入れて混ぜ、中火にかける。煮立ってから、弱火で少しとろりとするまで煮詰める。さんまを加えて落としぶたをし、中火で3分、弱火にしてさらに8分ほど煮る。
  • ねぎ、にらを加えて混ぜ、ひと煮したら器に盛り、糸唐辛子をのせる。

ポイント

コチュジャンと粉唐辛子が味のポイントです。コチュジャンは、もち米や唐辛子などを原料とした辛みのあるみそのような発酵調味料。韓国産の粉唐辛子は、辛みだけではなく甘みと風味があるのが特徴。どちらも、料理にコクと深みを出します。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.