ふっくらひつまぶし

関西地方ではおなじみのひつまぶしは、うなぎのかば焼きをきざんでご飯にのせ、取り分けるスタイル。1.まずはそのまま食べる 2.好みの薬味をのせる 3.お茶漬けにする という順番で食べると、それぞれ違った味わいがあっておいしく食べられます。ぜひ薬味をたっぷり用意しましょう。

材料(2人分)

うなぎのかば焼き
1尾分
温かいご飯
茶碗山盛り2杯分

タレ

しょうゆ
1/4カップ
みりん
1/4カップ
砂糖
大さじ1

薬味

焼きのり
適量
万能ねぎ
適量
おろしわさび
適量
白いりごま
適量

作り方

  • 焼き網をしっかり熱し、うなぎの皮を下にして中火で焼く。焦げ目がついたら裏返し、身もかるく焼いて火からおろす。粗熱がとれたら幅5~6ミリの食べやすい大きさに切る。
  • 鍋にタレの材料を入れて混ぜ、中火にかける。砂糖が溶け、とろみがついてきたら火を止める。
  • 薬味の準備をする。焼きのりはこまかくちぎる。万能ねぎは小口切りにする。器にご飯を盛って焼きのりをちらし、うなぎをのせて白いりごまをふる。わさびを添える。そのまま、あるいは好みの薬味をのせて食べる。

ポイント

あったかご飯で少し楽しんだら、お茶漬けにしましょう。煎茶で食べることもあるようですが、薄味のだし汁がおすすめです。だしにかば焼きのうまみが広がり、ご飯で食べるときとは全く違ったおいしさになります。薄味だし汁:鍋に湯1リットルを沸かしてかつお節30gを入れ、弱火で2~3分煮て火を止め、粗熱がとれたらざるなどでこす。再び鍋に戻して中火にかけ、沸騰したら酒大さじ1、薄口しょうゆ小さじ1、塩小さじ1/2で味つけをする。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.