春野菜の天ぷら

芽吹きの季節、おいしい山菜が出てきます。少しほろ苦いので、天ぷらにするのがおすすめです。かたい部分や汚れのあるところを外してそのまま揚げるだけ。この時季しか味わえない、旬の味です。

材料(4人分)

うど
1/3本
ふきのとう
1パック(8~10個)
たらの芽
1パック(6~8個)
なす
2本
かぼちゃ
1/6個
みょうが
4個
青じそ
4~8枚
A 天ぷら粉(市販)
1カップ
  水
3/4カップ(150ml)
揚げ油
適量
大根おろし
適量
しょうが(すりおろし)
適量
めんつゆ
適量
適量

作り方

  • うどは食べやすい長さに切って皮をむき、2センチ角の棒状に切る。酢少々(分量外)を入れた水で5分ほどさらし、水気を拭く。
  • ふきのとうは外側の葉と根元を切る。たらの芽は根元の固い部分を切ってはかまを取る。なすは縦半分に切り、皮に5ミリ間隔で切り込みを入れる。かぼちゃはわたと種を取り、幅7~8ミリのくし切りにする。
  • Aを混ぜてころもを作る。揚げ油を中温に熱する。全ての野菜にころもをからめ、揚げ油に入れてカラリとするまで揚げる。ふきのとうは、菜箸で葉を広げるようにしながら揚げるときれいな形になる。皿に盛り、大根おろしとしょうがを添える。好みで、めんつゆか塩をつけて食べる。

ポイント

ふきのとうは、ふきの花のつぼみ。つぼみをおおうように、薄い葉が何枚も重なっています。使うときは、汚れている外葉と固い根元は外しましょう。中のつぼみが見えるように、葉を少し広げると、見た目がきれいに仕上がります。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.