太刀魚のソテー バジルソース

ソテーというと、塩焼きかバターソテーとマンネリになりがち。フレッシュバジルのソースはいかがですか。バジルを包丁できざんで、他の材料と混ぜるだけだから簡単、フレッシュな香りが楽しめます。玄米ご飯と相性が良いので、ピラフ風にしてつけ合わせました。

料理家:枝元なほみ

材料(2人分)

太刀魚の切り身
2切れ
A 塩
小さじ1/3
 こしょう
少々
 白ワイン
大さじ2
 オリーブ油
小さじ1
●バジルソース
 フレッシュバジル
30g
 にんにく
2かけ
 松の実
大さじ1
 塩
小さじ1/3
 こしょう
少々
 オリーブ油
大さじ1~2
オリーブ油
適宜
小麦粉
適量
●玄米ピラフ
 ズッキーニ(幅1センチの輪切り)
1/2本
 トマト
小1個(1cm角くらいに切る)
 玄米ご飯(または雑穀ご飯)
茶碗1杯分
 塩
少々
 こしょう
少々

作り方

  • 太刀魚はペーパータオルで水気をおさえてから両面に十文字の切り込みを入れ、Aをふって10分以上おいて下味をつける。
  • バジルソースを作る。にんにくは皮つきのままオーブントースターで焦げ色がつくまで焼き、皮をむいてつぶす。バジルは茎をのぞいて細かくきざむ。松の実もつぶし、残りのソースの材料と合わせて混ぜ合わせる。
  • つけ合わせを作る。フライパンにオリーブ油大さじ1を中火で熱し、ズッキーニを炒める。玄米ご飯を加えて炒め合わせ、塩、こしょうをふって、トマトを加えてざっと混ぜたら、皿に盛る。フライパンにオリーブ油少々をたし、太刀魚に小麦粉をまぶして入れる。強めの中火で3~4分、裏返してさらに3~4分焼き、こんがりしたら皿に盛る。バジルソースをかけ、フレッシュバジル(分量外)少々を添える。

ポイント

太刀魚の代わりに、すずきやかじきでもおいしく作れます。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.