スパイシー・カレー鍋

カレー鍋にはいろいろなつくり方があるようですが、カレー粉をきかせた、スープカレー風の鍋をご紹介します。下味をもみ込んだ骨つき肉を煮て、おいしいスープをつくるのがポイント。具はお好みのものでOKです。煮込みながら、アツアツを召し上がれ!

料理家:枝元なほみ

材料(4人分)

鶏手羽元
8本(または、鶏もも骨つきぶつ切り600g)
A カレー粉
大さじ1/2
  塩
小さじ1
  プレーンヨーグルト
1/2カップ
  にんにく(すりおろし)
小さじ1
  しょうが(すりおろし)
小さじ1
  ケチャップ
大さじ2
玉ねぎ
1/2個
じゃがいも
2個
ほうれん草
1/2わ
エリンギ
1パック
パプリカ(赤)
1個
赤唐辛子
1本
カレー粉
小さじ2
顆粒スープの素(チキン)
小さじ1
小さじ1/2

作り方

  • ポリ袋に鶏肉を入れ、Aを加えてよくもみ込み、20分以上おいて下味をつける。玉ねぎはみじん切りにして耐熱性の器に入れ、カレー粉をふってラップを掛け、電子レンジ(500W)で2分加熱する。
  • じゃがいもは皮をむいて半分に切り、1センチ幅に切って水に5分ほどさらし、水気をきる。ほうれん草は長さ4~5センチに切る。エリンギは縦に食べやすく裂く。パプリカはへたと種を取り、縦に幅1センチに切る。赤唐辛子は種を取る。鍋に水4カップ、レンジ加熱した玉ねぎ、赤唐辛子、顆粒スープの素、塩を入れて強火にかける。煮立ったら中火にし、鶏肉を入れる。沸騰したらアクを取り、ふたをして15分煮る。
  • じゃがいも、エリンギを加えて煮る。じゃがいもが柔らかくなったら、食卓で、パプリカ、ほうれん草なども加えて、煮ながら食べる。

ポイント

鍋のしめにはご飯が食べたくなりますよね。鍋に入れて雑炊風もいいけれど、サラッとしたスープなので、ご飯にかけるのがおすすめ。うどんにかけてもおいしく食べられます。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.