さんまの香り揚げ

しょうゆやしょうがの下味をつけるだけでなく、七味唐辛子をふって揚げるのがコツ。七味には、唐辛子のほかにも、ごま、しその実、陳皮(乾燥させた柑橘類の皮)などがブレンドされているので、辛味だけでなく風味もアップ。おつまみにはぴったりのレシピです。

材料(2人分)

さんま
3尾
下味 しょうゆ
1/4カップ
    酒
1/4カップ
    みりん
1/4カップ
    しょうが(すりおろし)
1かけ分
かぼちゃ
1/4個
パプリカ(赤)
1個
ピーマン
1個
しし唐辛子
4個
揚げ油
適量
七味唐辛子
適量
片栗粉
適量
サラダ菜(つけ合わせ)
適量
プチトマト(つけ合わせ)
6個

作り方

  • さんまは、頭を切り落とし、頭の方から腹部まで切り込みを入れて内臓を取り除き、流水できれいに洗う。三枚におろしたら、身を食べやすい大きさに切る。※売り場でおろしてもらってもよい。
  • バットに下味の材料を混ぜ合わせ、さんまをからめて5分ほどおく。かぼちゃはわたと種を取り、幅1センチに切る。パプリカ、ピーマンはへたと種を取って縦に幅1センチに切る。しし唐辛子は、包丁の先で刺して穴を開ける(こうすると油はねしにくくなる)。
  • 揚げ油を中温に熱し、かぼちゃ、パプリカ、ピーマン、しし唐辛子を素揚げして取り出す。さんまに七味唐辛子をかるくふって片栗粉をまぶし、こんがりとするまで揚げる。揚げた野菜とさんまを皿に盛り、サラダ菜、プチトマトを添える。

ポイント

香辛料をかえれば、また違った香りが楽しめます。例えば、粉山椒〈写真左〉、カレー粉〈写真中央〉、インド料理で仕上げのスパイスとして使われるガラムマサラ〈写真右〉などはおすすめ。粗挽き黒こしょうでもいいでしょう。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.