本格チキンカレー

暑い夏には、スパイスカレーがおすすめ。スパイスならではの香り、辛みで体がシャキッとします。スパイスと玉ねぎを炒めて、煮るだけだから、特別なテクニックは必要ナシ。タンドリーチキン風に下味をつけた鶏肉は、柔らかくて風味も抜群です。

料理家:枝元なほみ

材料(4人分)

鶏骨つき肉(ぶつ切り)
600g
(または、鶏もも肉
2枚)
A 塩
小さじ1
  にんにく(すりおろし)
小さじ1
  しょうが(すりおろし)
小さじ1
  カレー粉
大さじ1
  プレーンヨーグルト
1/4カップ
  はちみつ
大さじ1/2
玉ねぎ
2個
トマト
2個
サラダ油
大さじ2
クミンシード
小さじ1
シナモンスティック
1本
ローリエ
2枚
赤唐辛子
2本
カレー粉
大さじ1/2
ガラムマサラ
小さじ1/2

作り方

  • 鶏肉の水気をペーパータオルでおさえ(鶏もも肉は大きめの一口大に切り)、ポリ袋に入れる。Aの材料を混ぜて加え、よくからめて20分以上おく。玉ねぎは薄切りにし、耐熱のボウルに入れてラップをかけ、電子レンジ(500W)で12分加熱する。トマトはへたを取って2センチ角に切る。
  • 厚手の鍋にサラダ油とクミンシード、シナモンを入れて中火で熱し、クミンから気泡が出てきたらローリエ、赤唐辛子をちぎって入れる(油で炒めることで、スパイスの香りが引き出される)。1の玉ねぎを加え、茶色くなるまで10~15分ほど炒める。カレー粉を加え、全体になじむまで炒める。
  • トマトを加えて混ぜ、水4カップを加える。沸騰したら1の鶏肉を漬け汁ごと加える。煮立ったらアクを取り、弱めの中火でふたをしないで40~50分煮る。仕上げにガラムマサラを加えて混ぜ、ひと煮立ちしたら火を止める。*つけ合わせるターメリックライスの作り方(分量外)耐熱の容器に玉ねぎ(みじん切り)1/3個にターメリック小さじ1/3、バター大さじ1を入れ、ラップをして電子レンジ(500W)で2分加熱。温かいご飯(茶碗5~6杯分)に加え、塩少々をふって混ぜ合わせればできあがり。

ポイント

(写真左)使ったスパイスは、上段左からシナモン、カレー粉、ローリエ、下段左からガラムマサラ、赤唐辛子、クミンシード。カレー粉は、いわゆるカレー味になるよう複数のスパイスなどをブレンドしてあるものなので、これを入れれば初心者でも味や香りがまとまります。シナモンとガラムマサラは、香りと辛みのポイントになるので、ぜひ入れてみて下さい。(写真右)カレーが少しだけ余ったら、ナンにのせてピザ風にしてみてはいかがでしょう。肉があればほぐしてのせ、ピザ用チーズをかけてオーブントースターで焼くだけ。ライスで食べるときとは違ったおいしさです。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.