エスニック風ゴーヤサラダ

ゴーヤは、沖縄や東南アジアなどでよく食べられている野菜。最近では、沖縄料理の炒めもの、ゴーヤーチャンプルーがすっかりおなじみになりましたが、もっといろいろなおいしさがあるのです。そこで、ナンプラーを使ったエスニック風のサラダをご紹介します。ナンプラー風味の、甘酸っぱくてちょっぴり辛いタレと、生の食感の良さと、ゴーヤならではのほろ苦さがよく合う、初夏にぴったりの味です。

材料(2人分)

ゴーヤ
1本
玉ねぎ
1個
にんじん
1/2本
干しえび
大さじ1
ピーナッツ
大さじ1
A 青唐辛子(みじん切り)
2本分
  にんにく(みじん切り)
1かけ分
  レモン汁
大さじ4
  ナンプラー
大さじ2
  砂糖
小さじ2

作り方

  • ゴーヤは縦半分に切り、わたと種をスプーンでかき出して薄切りにする。熱湯でゆでて、緑色が鮮やかになったら氷水に取り出し、さましてざるに上げて水気をきる。玉ねぎは薄切りにし、水に30分ほどさらして水気をしっかりきる。にんじんは皮をむいて、せん切りにする。
  • ボウルにAの材料を入れて混ぜ合わせる。干しえび、ピーナッツを粗くきざむ。
  • ボウルにゴーヤ、玉ねぎ、にんじんを入れ、Aを加えてよくあえる。全体がなじんだら、干しえび、ピーナッツを加えて、さらにあえてから器に盛る。

ポイント

このサラダに、ゆでて水気をきった春雨を加えれば、タイのポピュラーな春雨あえ、ヤムウンセン風にアレンジできます。春雨が入るとつるりと口当りがよく、食べ応えもアップ!

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.