アスパラとささみの塩炒め

旬のアスパラガスをたっぷり使った炒めものです。合わせる具は、ささみときくらげ、そしてふわふわ卵。シンプルですが、それぞれの食感と味の組合せが絶妙で、いくらでも食べられる味わいです。きくらげは乾燥のものがおなじみですが、もし手に入るなら、生きくらげを使ってみて下さい。戻さずにすぐに使えるし、弾力があって、歯応えのよさが違います。

料理家:枝元なほみ

材料(4人分)

鶏ささみ
4本(200g)
グリーンアスパラガス
5~6本
生きくらげ
80g
2個
A  酒
大さじ1と1/2
   塩
少々
   こしょう
少々
片栗粉
大さじ1と1/2
サラダ油
大さじ2と1/2
にんにく(みじん切り)
小さじ1/2
しょうが(みじん切り)
小さじ1/2
B  鶏ガラスープの素
小さじ1
   湯
1/2カップ
   塩
小さじ1/2
こしょう
少々

作り方

  • アスパラガスは、根元の硬い皮を皮むき器でむき、長さ3センチの斜め切りにする。きくらげはあれば石づき(硬い部分)を取り、食べやすく切る。ささみは一口大に切り、 Aをもみ込んで下味をつける。
  • 卵は溶きほぐす。小さな器に Bを混ぜておく。ささみに片栗粉をまぶす。フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、溶き卵を流し入れる。ふんわりとしてきたら、手早く大きく混ぜ、半熟状になったらいったん取り出す。
  • 同じフライパンにサラダ油大さじ1と1/2をたし、にんにく、しょうがを炒める。香りがたったらささみを入れて炒める。肉の色が変わったら、アスパラガスを加えて炒め、きくらげも加えて炒める。Bを加え、ふたをして1~2分蒸す。水分がなくなったら、ふたを外し、卵を戻し入れ、強火で大きく混ぜて仕上げ、こしょうをふる。

ポイント

ささみには、片栗粉をまぶして炒めます。こうすると、自然なとろみがついて味がよくからみ、口当りもよくなります。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.