かつおの洋風たたき 

かつおは、春から初夏にかけて、黒潮にのって日本近海にやってきます。秋の戻りがつおは脂がのっていますが、この季節の初がつおは、さっぱりした味わいが特徴。表面をさっと焼いて食べる「たたき」がおすすめです。「たたき」は、香味野菜をのせたあとに、包丁の背でかるくたたいたことがその語源と言われているほど、香りをしっかりたたせることが大切。今回は、オリーブオイルで風味よく焼きつけ、にんにくチップスを散らすなどして、洋風にアレンジしたメニューをご紹介します。

材料(4人分)

かつお(刺身用)
半身
にんにく(薄切り)
1かけ分
玉ねぎ
1/2個
青じそ
5~10枚
三つ葉
1/2わ
青ねぎ(または万能ねぎ)
5本
オリーブオイル
大さじ2
ポン酢じょうゆ
適量

作り方

  • フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけ、にんにくが色づくまで炒めて、にんにくだけ取り出して油をきる。フライパンにかつおを入れ、全体をこんがりと焼きつけ(中まで火を通す必要はない)、取り出して粗熱をとる。
  • 玉ねぎはみじん切り、青じそは細切りにし、三つ葉、青ねぎはこまかくきざむ。かつおを食べやすい大きさにそぎ切りにする。
  • かつおを皿に並べ、上から切った香味野菜を全体に散らす。炒めたにんにくを粗くくだいて散らし、ポン酢じょうゆを好みの量かけて食べる。

ポイント

ポン酢じょうゆのかわりに、ハーブソースをかければ、さらにおしゃれなオードブル風になります。爽やかなディルの香りがソースのポイントです。ハーブソースの材料と作り方=ディル5本を細かくきざみ、マヨネーズ大さじ2、レモン汁小さじ1を混ぜ合わせ、顆粒スープの素小さじ1/3を湯小さじ1で溶いて加え、混ぜあわせればでき上がり。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.