春野菜と蒸し魚の温サラダ

春の野菜は、みずみずしくてとっても柔らか! きれいな緑色で見た目も華やかなので、シンプルに調理をして、色や香り、甘みを楽しみましょう。桜色の鯛を一緒に蒸せば、より豊かで食べ応えのある温サラダのでき上がり。鯛の切り身に下味をつけてあるので、そのままでもおいしく食べられますが、2種類のたれをお好みでつけると、メリハリのある味わいになります。

料理家:枝元なほみ

材料(2~3人分)

鯛の切り身
2~3切れ
A 白ワイン(または酒)
大さじ2
  サラダ油
大さじ1
  塩
小さじ1/3
  こしょう
少々
キャベツ
3枚
菜の花
1わ
きぬさや
40g
昆布茶
小さじ1/2
サラダ油(または太白ごま油)
小さじ2
●おろし玉ねぎだれ
玉ねぎのすりおろし
1/4個分
しょうゆ
大さじ1と1/2
レモン汁
大さじ1
●ごまマヨだれ
マヨネーズ
大さじ3
白すりごま
大さじ3
砂糖
大さじ1/2
しょうゆ
小さじ2

作り方

  • 鯛は食べやすい大きさに切ってバットなどに入れる。Aをふってからめ、そのまま5~6分おく。キャベツはざく切りにし、菜の花は根元の硬い部分を切り落として、長さを半分に切る。きぬさやは筋をとる
  • 野菜に昆布茶、サラダ油(あれば太白ごま油)をまぶす。フライパンにキャベツを敷き、菜の花、鯛の切り身を全体に散らすようにのせる。水1/3カップを入れ、ふたをして強火にかけ、4~5分蒸す。ふたを外してきぬさやをのせ、再びふたをしてさらに1分蒸す。
  • おろし玉ねぎだれの材料、ごまマヨだれの材料をそれぞれボウルに入れて混ぜ合わせ、たれ2種を作る。ごまマヨだれには、フライパンの蒸し汁を少し入れて、好みのゆるさに加減するとよい。器に蒸し野菜と鯛を盛り、そのまま、あるいは好みのたれをつけて食べる。

ポイント

鯛がない場合は、生鮭、たら、金目鯛などでも同様に作れます。さわら、すずきなどでもおいしい。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.