鴨鍋

最近は、スーパーなどでも鴨肉が手に入りやすくなりました。鶏肉よりもしっかりとした味わいがあるので、鍋料理にはおすすめです。どんな野菜ともよく合いますが、とくにごぼうやねぎとは相性抜群。ごぼうはうまみと風味が強いので、煮汁もぐっとおいしくなります。また、せりなど、香りのある野菜と組み合わせるのもポイント。さわやかな香りで、さっぱりとおいしく食べられます。

材料(4~6人分)

鴨肉
300~400g
ねぎ
3本
ごぼう
2~3本
根三つ葉
1わ
せり
1~2わ
もち
好みの量
だし汁
4カップ
A めんつゆ(3倍濃縮)
3/4カップ
 砂糖
大さじ1と1/2
 酒
1/4カップ
 みりん
1/4カップ
●薬味
大根おろし
適量
七味唐辛子
適量

作り方

  • ごぼうは皮をこそげ落としてささがきにし、水に5分ほどさらす。ねぎは幅1センチの斜め切り、根三つ葉、せりは長さ4~5センチに切る。鴨肉は厚さ5ミリくらいのそぎ切りにする。
  • 鍋にだし汁とAを入れて中火にかけ、1~2分煮立てる。鴨肉を2~3枚入れて少し煮る。煮汁に鴨の脂が浮いてきたらねぎ、ごぼう、三つ葉、せりなどを加えていく。
  • アクはこまめに取り、もちも加え、好みの柔らかさに煮る。器に盛り、大根おろしをのせて七味唐辛子をふっていただく。

ポイント

鍋の仕上げは、ざるそばをどうぞ。煮詰まって、少し濃い目の煮汁が、さっぱりしたざるそばによく合います。鴨肉がない場合は、鶏肉でも同様に作れます。鶏肉の場合は、胸肉よりも脂肪があってうまみの強いもも肉を使って。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.