関西風すき焼き

甘辛味の牛肉や野菜に溶き卵につけて食べるすきやきは、濃厚な味わいでごちそう感満点! 昔から食べられてきた日本独特の鍋料理ですが、関東と関西ではつくり方が違います。関東では、だし汁としょうゆ、みりんなどを合わせた割り下で最初から具材を煮ますが、関西では、最初に肉を焼きつけて、砂糖やしょうゆなどを直接入れるのが特徴です。お好みの具材をたっぷり入れて、我が家流の味つけを楽しみましょう。

材料(4人分)

牛肉すき焼き用
300~500g
焼き豆腐
1~2丁
白菜
1/2個
ねぎ
2本
えのきだけ
1袋
春菊
1わ
巻きしらたき(小)
5~8個
牛脂(あれば)
適量
砂糖
適宜
A しょうゆ
150ml
  みりん
150ml
  酒
150ml
4個

作り方

  • 焼き豆腐、白菜は食べやすい大きさに切り、ねぎは幅1センチの斜め切りにする。えのきだけは根元を切り落とす。春菊は茎の堅い部分を切り落とす。Aを混ぜておく。
  • 鍋を熱し、あれば牛脂を塗る。牛肉を広げてのせ、砂糖少々をのせる。すぐに割り下少々をかけてからめ、取り出して食べる。
  • 続けて牛肉を入れ、肉のそばにねぎを入れて焼きつける。Aを注ぎ入れ、具を並べ入れる。煮立ってきたら具の上から肉を広げながら加える。砂糖を少しずつ加えて味を見て、好みの味加減にする。濃い場合は、水を加えて調整する。食卓で取り分けの器に卵を溶きほぐし、具を取り出してからめて食べる。

ポイント

最初に牛肉を焼きつけたら、砂糖をふりかけ、しょうゆなどを手早くからめて柔らかいうちに取り出し、まずは肉そのものを味わいます。肉の下に砂糖やざらめを敷いたり、上からふりかけたり、みりんは加えないなど、作り方はお店や家によって様々あるようです。好みの量の肉を食べた後、具材を入れて煮ていきますが、野菜の水分などによって、味は変わりますから、様子を見ながら砂糖を加えて、好みの加減にして下さい。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.