ゴーヤ&そうめんチャンプルー

ビタミンCが豊富な夏野菜としてすっかりおなじみになったゴーヤ(にがうり)。チャンプルーは定番ですが、ここではそうめんを加えてボリュームアップさせたメニューをご紹介します。ゴーヤは、下ごしらえで酢水につけると、独特のえぐみがやわらぎ、食べやすくなります。緑色は少し落ちますが、えぐみが苦手という人でも食べやすくなります。

材料(2~3人分)

ゴーヤ
1/2本(約150g)
そうめん
2束(100g)
ツナ缶詰(大)
1缶
2個
サラダ油
大さじ2
塩、こしょう
各少々
大さじ1
鶏ガラスープ
小さじ1
しょうゆ
小さじ1
花かつお(または削り節)
適量

作り方

  • ゴーヤは縦半分に切り、スプーンでたねとわたを取り出す。白いわたは残らずきれいに取るようにする。端から幅5ミリに切り、酢水(水2と1/2カップに対して酢大さじ2の割合)に入れる。15分以上おいて苦味とえぐみを取り、洗って水気をよくきる。
  • そうめんは袋の表示通りにゆでてざるに上げ、流水で手早く洗ってぬめりを取り、水気をきる。ツナは汁気をきる。卵は溶きほぐしておく。フライパンにサラダ油を中火で熱し、ゴーヤ、ツナを入れて炒める。油がなじんだら塩、こしょう、酒、鶏ガラスープ、しょうゆを加える。
  • 酒の水分をとばしたら、溶き卵を流し入れて炒め合わせる。そうめんを加え、手早くほぐしながら炒め合わせて器に盛り、花かつおをのせる。

ポイント

肉加工食品の缶詰、ランチョンミートを加えると、さらに本格的な沖縄風のチャンプルーになります。ハムのような味と食感で、アメリカ本土やハワイで多く食べられていて、沖縄料理にもよく使われます。使い方はハムやソーセージと同じなので、そのまま焼いたり、炒めものなどに使えます。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.