変わりパリパリ餃子

みんなで集まるときは、変わり餃子でパーティをしましょう。基本の肉だねを作っておいて、好みの具を中に加えて焼けば、いろいろな具入り餃子のでき上がり。いくらでも食べられちゃいます。焼き方にもひと工夫。水溶き片栗粉を注いで蒸し焼きにすると、皮の表面がパリパリッと焼き上がります。フライパンに丸く並べて焼けば、見た目も華やか!

材料(4~6人分)

餃子の皮
2袋
●肉だね
 豚ひき肉
500g
 白菜
3枚(約100g)
 にら
4~5本
 にんにく
大1かけ
 しょうが
大1かけ
 鶏ガラスープ
大さじ1/2
 湯
1/4カップ
●具のバリエーション
 ピザ用チーズ
適量
 ホールコーン
適量
 むきえび
適量
 ツナ缶
適量
●焼き用
 サラダ油
適宜
 片栗粉
適宜
 水
適宜
●たれ用
 酢、ラー油、しょうゆ
各適量

作り方

  • 肉だねを作る。鶏ガラスープは湯で溶いておく。白菜、にら、にんにく、しょうがはそれぞれみじん切りにする。ボウルにひき肉とみじん切りした野菜を入れてよく練り混ぜ、鶏ガラスープを加えて、さらに粘りが出るまで練る。
  • 餃子を包む。バリエーションの具のうち、ツナ缶は汁気をきり、むきえびは洗って長さを半分に切って水気を拭く。餃子の皮の周りを水で濡らし、真ん中にひき肉だねを小さじ1強くらいのせる。折りたたみ、端からひだを寄せながら閉じて、閉じ終わりをしっかり指でおさえて形をととのえる。残りも同様にして作る。バリエーションの具を入れる場合は、肉だねの上に好みの具をのせて包む。
  • フライパンにサラダ油大さじ1と1/2を中火で熱し、真ん中に餃子をのせる。そこから円になるように餃子を並べ、端に空いた隙間にも同じ向きで餃子を並べ、15個くらい並べ入れる(フライパンの大きさにもよる)。片栗粉大さじ1/2、水80ml、酒大さじ1を混ぜ合わせ、片栗粉をしっかり溶かしてからフライパンに回し入れる。煮立ったらふたをして、そのまま中火で5分蒸し焼きにする。ふたを外し、水分をとばしながらさらに5分くらい焼く。こんがりとしたら火から外し、大きな皿をのせ、ひっくり返して皿に盛る。酢、ラー油、しょうゆを好みの量混ぜてたれを作って添える。残りも同様に焼く。※水溶き片栗粉の分量は餃子15個分に対しての分量。

ポイント

包んだ餃子は、揚げ餃子にするのもおすすめです。中温の揚げ油でこんがりと色づくまで揚げ、たれをつけたり、塩をふったりして食べます。ゆでて水餃子にしてもよいでしょう。また、余った餃子は冷凍できるので、生のままラップなどに包み、冷凍用ポリ袋に入れて冷凍しておいてもよいでしょう。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.