パーティお好み焼き

ホットプレートメニューは、アツアツが食べられるし、食卓の上で調理をするのが楽しいからおもてなし向きのメニューです。ここでは、大阪風のお好み焼きをご紹介します。家庭によって作り方はさまざまですが、一番の特徴は生地にやまいものすりおろしやだし汁を加えること。生地がおいしくなるだけでなく、もっちりふっくらと焼き上がります。

材料(直径12センチ×6枚分)

●生地
小麦粉
1カップ
やまいも
200g
キャベツ
1/4個
1個
だし汁
2カップ
●具
 豚肩ロース薄切り肉
9枚
 ロールいか
1枚
 白菜キムチ
適量
 納豆
適量
 辛子明太子
適量
 ピザ用チーズ
適量
 桜海老
適量
 揚げ玉、万能ねぎ
各適量
●トッピング・ソース
 花かつお(削り節)
適量
 中濃ソース(またはお好み焼きソース)
適量
 マヨネーズ
適量
 青のり
適量

作り方

  • 生地を作る。キャベツはせん切りにする。やまいもはすりおろす。ボウルに小麦粉、キャベツ、やまいも、卵、だし汁を入れ、しっかり混ぜ合わせる。
  • 具の準備をする。いかは格子状に浅く切り込みを入れ、一口大に切る。白菜キムチは大きければ食べやすく切る。辛子明太子は皮をとって身をかき出す。写真右は、おすすめの組み合わせ。納豆+キムチ、辛子明太子+チーズという風に、好みの具を組み合わせるとよい。明太子は、生地に混ぜ込んで焼いてもおいしい。
  • ホットプレートを160度に熱し、サラダ油(分量外)を薄く塗り、豚肉を3枚並べる。肉の色が変わってきたら、生地をお玉ですくってのせ、丸く形をととのえる。火が通ってきたら上に桜えび、コーンなどをのせ、へらでひっくり返す。中まで火が通ったら、ソース、マヨネーズをかけ、青のり、花かつおをのせれば完成。具の種類を変えながら、残りも同様にして焼いて。

ポイント

生地にはやまいもを加えます。長いもでは粘り気が足りないので、ぜひやまいもを使って下さい。また、生地はたっぷりとのせて厚みを出すのもポイントです。生地を入れたらへらやコテで生地を寄せて、広がりすぎないようにしましょう。焼き加減は生地の側面でチェック。中心に白い生っぽいところがなければ焼き上がりです。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.