豚肉のバジル炒め

フレッシュバジルを炒めると、生のときとは違った香りになっておいしいので、バジルはぜひたっぷりと入れましょう。とくに蒸し暑い季節にはぴったり。タイの屋台では、これに目玉焼きをのせ、ご飯とセットにしてよく食べられています。ナンプラーのうまみもきいていて、あとをひくおいしさです。

材料(2人分)

豚ロース薄切り肉
200g
玉ねぎ
1/2個
ピーマン
3個
パプリカ(赤)
1/2個
にんにく
1かけ
フレッシュバジル
10枚
顆粒スープの素
小さじ1/2
サラダ油
大さじ1
塩、こしょう
各少々
豆板醤
小さじ1/2
ナンプラー
小さじ2
オイスターソース
小さじ2

作り方

  • 玉ねぎは縦薄切りにする。ピーマン、パプリカはへたと種を取り、縦に幅5ミリに切る。にんにくはみじん切りにする。豚肉は長さを2~3等分に切る。顆粒スープの素は湯1/2カップで溶いておく。
  • フライパンにサラダ油を中火で熱し、にんにくを炒める。豚肉を加えて炒め、肉の色が変わったら、玉ねぎ、ピーマン、パプリカを加え、塩、こしょうをふって炒め合わせる。
  • 野菜が少ししんなりしてきたらスープを加え、バジルを粗くきざんで加える。豆板醤、ナンプラー、オイスターソースを加えて炒め合わせる。

ポイント

もともとは、鶏肉でよく作られているメニュー。鶏もも肉でも同様に作れます。鶏肉のほうが火が通りにくいので、一口大よりも細かくコロコロに切って、炒めたときに火が通りやすいようにするとよいでしょう。ほかには、牛肉やえびなども合います。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.