新じゃがのバター照り煮

新じゃがは、皮つきのまま丸ごと煮るのがおすすめ。少し水分が多いので、ほっくりというよりもしっとり柔らかいのが、この季節ならではの味わいです。最初に、電子レンジで八分目くらいまで火を通しておくので、短時間で作れます。煮汁が煮詰まってきたら、ころがして全体にからめて照りをつけ、コクのある仕上がりにしましょう。

材料(2~3人分)

新じゃがいも
15~20個
バター
大さじ1と1/2
砂糖
大さじ2
みりん
1/2カップ
1/2カップ
しょうゆ
大さじ1と1/2
木の芽
適量

作り方

  • 新じゃがはよく洗い、皮つきのままかるく十文字の切り込みを入れる。耐熱のボウルにペーパータオルをしき、新じゃがを入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で4~5分加熱する。ペーパータオルをしいておくと、新じゃがから出た水分を吸い取るので、水っぽくならない。竹串をさしてみて、少し抵抗を感じるくらいの固さでよい。*電子レンジの加熱時間は目安なので、様子をみて加減する。
  • バターを中火で溶かしたフライパンに、新じゃがを入れて炒める。新じゃがは先に加熱してあるので、ここではバターをなじませ、香りをつける程度でよい。
  • 全体にバターがなじんだら、砂糖、みりん、酒、しょうゆの順に加える。オーブン用シートをのせて落としぶたにし、ときどき混ぜながら10分ほど煮る。器に盛り、木の芽を添える。

ポイント

ごまの香りや辛みをきかせると、また違った味わいで食欲をそそります。仕上げに白すりごまをたっぷりからめたり、一味唐辛子、コチュジャン、豆板醤の辛みを(お好みの量で)加えたりして、バリエーションを広げましょう。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.