いさきの中国風オーブン焼き

簡単なのに、豪華でおいしい。このメニューの魅力は、食卓で豪快に仕上げるところにあります。オーブン焼きにした魚の上にたっぷりの生野菜をのせ、熱いごま油をかけると、香りはもちろんのこと、おいしそうな音までも食卓を賑わせてくれます。見た目も華やかなので、パーティメニューにはもってこいです。オーブン料理は誰にでも失敗することなく作れるので、母の日のお祝いに、お父さんやお子さん達で是非作ってみてください。ちょっとふんぱつして、鯛で作るのもおすすめです。

材料(3~4人分)

いさき
1尾(約500g)
にんじん
1/4本
玉ねぎ
1/4個
セロリ
1/4本
塩、こしょう
各少々
A  にんにく
1かけ
  しょうが
1かけ
  しょうゆ
大さじ2
  酢
大さじ2と1/2
  紹興酒(あれば)
小さじ1
ごま油
適宜

作り方

  • いさきは、うろこがあれば取る。腹びれから胸びれのつけねくらいまで切り込みを入れ、内臓を取り出す。流水で腹をきれいに洗い、水気をふいて、両面に3~4本かるく切り込みを入れる。
  • オーブンを180度に予熱する。オーブンの天板にオーブン用シートをしき、いさきをのせる。ごま油少々を塗り、180度のオーブンで20分焼く。
  • にんじんは皮をむき、長さ5センチのせん切りにする。玉ねぎは薄切りにし、水に2~3分さらしてかるく揉んで、辛みを抜いてから水気を絞る。セロリは長さ5センチのせん切りにする。Aのにんにく、しょうがをみじん切りにする。Aの材料をボウルで混ぜ合わせ、たれを作る。いさきが焼けたら皿に盛り、にんじん、玉ねぎ、セロリを混ぜてのせ、たれをかける。ごま油大さじ2をフライパンで熱し、野菜の上からかける。

ポイント

仕上げにかけるごま油をしっかり熱しておかないと、野菜にかけたときにジュッと音が出ず、香ばしい香りにもなりません。ごま油は小さめのフライパンや鍋に入れて火にかけ、煙が出てくるまで熱して、すぐに魚にかけます。みんなが食卓に揃うタイミングに合わせてごま油を熱しましょう。油を火にかけたら、目を離さないようにして下さい。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.