甘辛そぼろたっぷり混ぜ寿司

さっぱりした具を合わせがちなすし飯ですが、実はちょっと濃い味の牛そぼろともよく合うのです。おつまみっぽく食べたいので、肉を多めに入れるところがポイントです。そぼろに入れたしょうがの香りとすし飯のおかげで、さっぱりとあと口良く食べられます。上に散らす香味野菜をかえれば、季節ごとに違った味わいで楽しめます。

材料(4~6人分)

炊きたてのご飯
3合分
牛ひき肉
400g
2個
万能ねぎ
4~5本
三つ葉
適量
焼きのり
1枚
サラダ油
大さじ1
砂糖
少々
すし酢(市販品)
90ml

A

しょうゆ
大さじ3
みりん
大さじ3
大さじ3
砂糖
大さじ1
しょうが(せん切り)
1かけ分

作り方

  • 甘辛そぼろを作る。鍋にサラダ油を強火にかける。ひき肉を炒めて、肉の色が変わったらAを加えて混ぜ、煮汁がなくなるまで煮詰める。いり卵を作る。ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖を混ぜる。鍋に卵を入れて中火にかけ、泡だて器でこまかく混ぜていり卵を作る。
  • ご飯をボウルに入れてすし酢をかけ、きるようにして手早く混ぜてすし飯を作る。
  • すし飯に甘辛そぼろを加えてむらなく混ぜ合わせる。焼きのりはキッチンばさみで細切りにする。三つ葉はざく切りにする。万能ねぎは小口切りにする。混ぜずしを器に盛り、卵、三つ葉、万能ねぎ、のりを彩りよく散らす。

ポイント

上に散らす具はお好みのものでけっこうです。夏には、みょうがや青じそ、紅しょうがなどを散らしてもよいでしょう。彩りや香りのよいものを選び、食感が揃うように、せん切りにします。春にはきぬさやなどの豆類、夏にはきゅうりの薄切りなどと合わせるのもおすすめです。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.