寒ぶりとねぎのこっくり照り焼き

冬は、ぶりに脂がのっておいしくなる季節。ねぎも太くなって甘みが増します。旬のぶりとねぎを合わせて焼きつけ、照焼きにしましょう。照焼きにすることで、ぶりのくせも消えて食べやすくなりますし、煮詰めることでちょっと濃いめの味になるので、おつまみにはぴったり。ねぎは焦げるかな、というくらいまで焼きつけたほうが、甘みが引き出せます。

材料(2人分)

ぶりの切り身
2切れ
ねぎ
1本
適宜
しょうゆ
大さじ4
みりん
大さじ3
砂糖
大さじ2
サラダ油
大さじ1/2
七味唐辛子
適量

作り方

  • ねぎは2センチ長さに切る。ぶりは少し大きめの一口大に切る。バットに塩少々をふっておき、ぶりを上に並べて塩少々をふる。
  • しょうゆ、みりん、砂糖は混ぜ合わせておく。フライパンにサラダ油を強火で熱し、ぶり、ねぎを入れて焼きつける。
  • 合わせておいた調味料を回し入れ、フライパンを揺すりながらからめる。少し煮詰まって、ぶりの表面に照りが出て、汁けがとろりとしてきたらでき上がり。器に盛り、七味唐辛子少々をふる。

ポイント

ちょっとしたことですが、仕上げの薬味をかえるだけでも、香りに変化がついて違った味わいになります。粉山椒や黒七味などがおすすめですが、一味唐辛子など好みのものでもけっこうです。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.