ごま風味のこっくり鶏鍋

水炊きやしょうゆ味の鍋にはちょっとマンネリすぎるな、と思ったらこの鍋がおすすめ。コクと香りの強い練りごまをスープに溶かして、こっくりとした味に仕上げます。最初に鶏肉を入れて、火を通しながら肉のうまみもスープに生かします。油揚げもコクとうまみ出しになるのでたっぷり入れるのがポイントです。具はいつもと同じでも、全く違った味わいが楽しめるので、ぜひお試し下さい。

材料(4人分)

鶏もも肉
300g
大根
1/4本
ねぎ
1本
白菜
3~4枚
しめじ
1パック
油揚げ
2枚
鶏ガラスープの素
小さじ1
白練ごま
大さじ4
しょうゆ
大さじ3
1/4カップ
白すりごま
適量
七味唐辛子
適量

作り方

  • 大根は皮をむき、5センチ厚さのいちょう切りにする。ねぎは2cm幅の斜め切りにする。白菜はざく切りにする。しめじは根元を切り落とし、小房に分ける。油揚げは1センチ幅に切る。鶏肉は一口大に切る。
  • 鍋に湯4カップを中火で煮立て、鶏ガラスープの素を溶かす。練りごまを加え、泡だて器でよく混ぜ(しっかり溶かさないとだまになりやすい)、しょうゆ、酒を加えて溶かす。
  • 鶏肉を入れ、大根、ねぎ、白菜、しめじ、油揚げを加えて煮る。野菜が柔らかくなったらでき上がり。器に取り分け、すりごま、七味唐辛子をふっていただく。

ポイント

鍋のしめには、鶏肉と野菜のうまみが出た煮汁を生かした煮込みうどんにしましょう。斜め切りにした青ねぎもたっぷり加えて、溶き卵を回し入れます。ひと煮したらすぐに火を止めて、余熱で卵に火を通すとちょうどよい半熟加減になります。

©SAPPORO BREWERIES LTD. All rights reserved.