駅弁×サッポロビール 「ごくり」普通列車の旅 静岡県篇

駅弁×サッポロビール 「ごくり」普通列車の旅 静岡県篇

沼津駅【JR東海道本線・御殿場線】

富嶽あしたか牛すき弁当[桃中軒]

山の出会いに乾杯!

軽快に走ってゆこう「沼津駅」

さすがに静岡県東部を代表する駅ということもあり、乗降客は多いですな。東海道本線としては中間駅ですが、御殿場線では始発(終点)の駅になります。東海道本線といえば、おじさんのイメージは重量感のある113系ですが、今は313系、211系にかわり、スマートで軽快な感じになってます。あっ、ラッキーです。連結のシーンに出逢えました。

「沼津駅」

ゆうゆう歩いて狩野川を渡ろう

沼津駅から歩いて10分ほどいくと、沼津中央公園があります。ここは三枚橋城と沼津城の本丸跡で、かつて、二度築城されたようです。すぐ裏手が狩野川で、ここから向こう岸に橋が架かっています。その名も「あゆみ橋」で、自動車は通行不可の歩行者、自転車専用なのですが、それにしても大きい。二車線道路ほどの幅を、市民がゆったり歩いています。橋から眺める狩野川とまちの風景もグッドです。

「あゆみ橋」

香貫山①:選べる登山ルート

登山というほど大げさではないのですが、ルートが多彩にあり選ぶことができます。私は迷わず、自動車でも行けるメインルートを選択。途中で山道と遭遇しますが、どうしても楽な道を選ぶ習性があり、そのまま自動車道を進みます。地元の人が普段着で散歩がてら、ずんずん登っていくのに追いつけない。体力が落ちてることを実感しました。

香貫山①

香貫山②:中間点の五重塔

息をついて15分ほど登ったところに休憩スペースに到着。駐車場もあって、クルマでここまで来られます。ちょっとした広場があり、あれっ富士山の方向に五重塔が見えますな。近づいてみると、それは日清戦争から第二次大戦までの戦没者、戦災被害者を祀っている「沼津市慰霊平和塔」でした。手を合わせて、平和を願いました。

「沼津市慰霊平和塔」

香貫山③:おじさんガイド

さあ、山頂へ向かおうと足を進めると、2人のおじさんといっしょになりました。二人とも地元の方で、毎日登っているとか。はじめて香貫山に来たと言うと、いろいろ教えてくれました。日本ミツバチがいるとか、去年よりキノコの出が遅いとか、この先は崖になっていてキケンとか…。しばらく歩いたところで、オブジェというのか、岩に落書きしたような可愛らしいキャラクターに遭遇。「これは、ホットちゃん。誰が描いたのか、誰も知らない」というが、すっかり馴染んで地元の人からも愛されているよう。

「ホットちゃん」とおじさんたち

香貫山④:絶景展望台&逆さ富士

おじさんたちのガイドを楽しみながら15分ほどで、山頂付近の展望台に到着。これはすごい!想像以上の景色に大感激ですわ。ベンチとか休憩する場所があり、展望用の高台が設置されて360°ぐるっとお見通しです。富士山が雲に隠れて見えないのがとても残念。すると、先ほどのおじさんが、いいものを見せてあげると言って、沼津を俯瞰したオブジェの海のあたりに水をそっと入れはじめました。するとどうでしょう、見事に逆さ富士が映るではありませんか。すごすぎる、おじさんガイド。

展望台風景

「あしたか牛弁当」

駅弁ですき焼きとは、何とも贅沢ですな。甘く濃いめに煮込まれた上品なあしたか牛は絶品。最優秀賞の受賞歴があるほどのお肉が使われてます。そぼろ肉もあり、肉で味の変化を付けているのもにくい演出です。付け合わせの野菜は、季節ごとに地元の旬のものが使われるのもうれしい。この濃い味わいが、ビールをよりおいしくしてくれる。ごちそうさま!

桃中軒「富嶽あしたか牛すき弁当」:1,030円(税込)


※掲載の情報は、2017年9月現在の内容です。

沼津に、乾杯!

トップページへ戻る

  • 熱海駅
  • 伊東駅
  • 伊豆稲取駅
  • 修善寺駅
  • 沼津駅
  • 富士宮駅
  • 静岡駅
  • 新金谷駅
  • 天竜二俣駅
  • 浜松駅