絶景が広がる歴史ある霊山(りょうぜん)。

道の駅伊達の郷りょうぜんは、地元に暮らす人々にとっての念願だった「憩いと潤いの空間」を提供することで、近隣の人々が繰り返し利用する施設となっている。観光等での道路利用者のみならず、地元民にも愛されること。これも、道の駅の在り方の一つなのかもしれない。