福島県伊達市に新しい道の駅がオープンしました。

福島県福島市の北東に位置する伊達市霊山町にオープンした『道の駅伊達の郷りょうぜん』は、開業してわずか10日間で10万人の来場を達成した。同市では、年間45万人としていた当初の想定を上回る入り込みに各店舗も順調だと、地元紙『福島民友(2018.4.5)』は伝えている。
道の駅伊達の郷りょうぜんは、3月10日に開通した東北中央自動車道相馬福島道路(相馬玉野IC-霊山IC間17.0km・暫定無料区間)の霊山ICに隣接している。残る同自動車道の福島北JC(仮称)-霊山IC)区間は、2020年の供用開始を目指して建設が進められている最中だ。