「今年のサッポロ生ビール黒ラベル東北ホップ100%は、飲んだ瞬間、緑のそよ風が吹き抜けるような爽やかな香りに仕上がりました。今年は、台風が直撃するという被害に見舞われましたが、このビールに使用されたホクトエースは、収穫期の初日に収穫されたもの。もし、収穫が台風の時期と重なっていたならば、このビールはできなかったことでしょう。その意味でも、今年は超プレミアム。ビールづくりに従事する人々の熱い思いが詰まった製品になりました」と、佐藤雅志サッポロビール仙台工場長(写真左、写真右は開催地となった田子町の山本晴美町長)。