幸いにも、訪れた三戸町の小坂弘樹さんの畑では、台風の影響はあったものの収穫を進めるホップ畑には、ホップ独特の爽やかな香りが漂っていた。この日、収穫されたのは信州早生という品種で、すべてサッポロビールづくりの原料の一部となる。何らかの影響によって同地域の収穫量がダメージを受けると、ビールの醸造にも影響が出かねない。