小田急 山のホテル
取材班の感想

芦ノ湖、庭園、富士山が一度に見られるテラス席は贅沢そのもの!庭園がバリアフリー化され、世代を超えて楽しめるホテルでした。今度は家族3世代で行きたいです♪

湖畔のクラシカルなホテルがより快適に生まれ変わってオープン

正面に芦ノ湖、西に富士山を望む、箱根らしい絶好のロケーションを誇る「小田急 山のホテル」。敷地は、三菱4代目社長が所有していた別邸の跡地。当時のままの植栽を生かした見事な庭園に、スイスの古城をイメージした建物が美しく調和しています。そんなクラシカルなホテルがこの春、「受け継がれた“自然”を、より上質な“おもてなしで”」をコンセプトに、大浴場、客室、庭園をリニューアル!幅広い世代のゲストが、より一層充実したリゾートタイムを過ごせるようになりました。

誰もが自然を近くに感じられる“バリアフリー庭園”にリニューアル

男爵ゆかりのスポットや四季を彩る花木など、広大な庭園には多彩な見どころがいっぱい。そこで今回、凹凸のあった石畳はフラットなアスファルトに、階段はなだらかなスロープに改修。メイン園路も再舗装して、歩きやすくなりました。さらに、下庭エリアに抜ける新しい園路も誕生。
車いすをご利用の方やシニアの方も、スムーズに庭園散策を楽しめます。誰もがより気軽に、安心して自然に親しめるホテル自慢の庭園、これまで以上に多くの方に喜ばれるに違いありません。

大浴場、客室ともに細やかな配慮でこの上なく快適!

大浴場はレイアウトから内装、設備までを一新!より使いやすく、大人がリラックスして寛げる空間に生まれ変わりました。露天風呂には、温泉にのんびり浸かりながら、自然を五感で楽しめる半身浴スペースも誕生。脱衣所にあるマッサージチェア、水分補給に適した天然水コーナーがあるのもうれしい限り。
本館客室は、歴史あるホテルにふさわしい、“クラシック&オーセンティック”をテーマにリニューアル。クレンジングや美容オイルなどの基礎化粧品がセットになった充実のアメニティ、新疆綿(しんきょうめん)を使った上質なタオルなど、細かな配慮もポイント高し!

湖畔のテラスで優雅に乾杯!風も心地よくて気分は最高

庭園とホテル内を堪能した後は、本場フランス仕込みのシェフが腕をふるうレストラン「ヴェル・ボワ」へ。湖畔の風が気持ちいいこの季節は、海賊船も望めるオープンエアのテラス席が断然おすすめ!
お土産には、ホテルのオリジナル国産紅茶をゲット。実は、ホテルに紅茶協会認定のティーインストラクターがいて、お茶の栽培も始めるほど紅茶にはこだわっているのです。多彩な魅力にあふれる「山のホテル」へ、ぜひ足を運んでみてくださいね!

小田急 山のホテル
電話0460-83-6321
住所神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80
宿泊料金
・リニューアルオープン記念特別プラン「YAMA」25,150円~
(お部屋はリニューアルしたスタンダードツイン)
・1泊2食付平日26,150円~

※上記は2名1室利用時の1名料金

URLhttp://www.odakyu-hotel.co.jp/yama-hotel/

取材協力/ミスモ箱根

  • 小田急 山のホテル
  • 箱根仙石原プリンスホテル