この逸品料理!

宮の名物「かぶと揚げ」(650円)は
ビールとの相性が抜群!

イチオシは、若鶏の半身をまるごと揚げた、宇都宮のローカルフード「かぶと揚げ」だ。同店では、贅沢にも福島県の銘柄鶏“伊達鶏”の若鶏の半身約250gを使用。また、外はパリッと、中はふっくらジューシーに仕上げる為に幾度も研究を重ねて完成させた魂心の逸品がこちらの「かぶと揚げ」。
こだわっているのはそれだけではない。敢えて新しい揚げ油を使用するのではなく長年継ぎ足し継ぎ足しで育て、揚げ油に香ばしさを移してきた「かぶと揚げ」専用の油で揚げているので、他所では決して味わえない香ばしさこの上ない絶品となっている。そこで、鶏の唐揚げと言えばやっぱり・・・ビール!こだわりがたっぷり詰まった「かぶと揚げ」には、素材を追求し完璧なうまさにこだわった「サッポロ生ビール黒ラベル」がピッタリだ。
こちらでは名物「かぶと揚げ」の他にも、気軽に立ち寄れる居酒屋らしいメニューが並ぶ。毎日コトコト煮込み、大き目にカットされたホルモンと地場産の野菜、同県の鹿沼市特産の玉こんにゃくなど地元食材をふんだんに使った旨みたっぷりの「もつ煮込み」や、注文後に丁寧に焼き上げる「厚焼き玉子」など、いずれも手間を惜しまずにつくりあげた逸品揃い。お酒も「黒ラベル」や「赤星」(サッポロラガービール)に、日本酒は栃木の地酒、各地の銘酒がラインナップ。また、栃木県産の芋・麦で醸した本格焼酎「とちあかね」など珍しいお酒も取り揃えている。

赤身肉の旨みが口いっぱいに広がる
「国産 馬刺し」(1,280円)

居酒屋メニューの人気No.1は
「もつ煮込み」(600円)

「野州地粉」で打った蕎麦を楽しめる
「とろろ蕎麦」(700円)

お店の紹介

2017年12月にオープンした「宮のから揚げ かぶと屋」は、JR宇都宮駅ビル「パセオ」2階グランマルシェ内の改札口から約1分と非常に便利なところにあるお店だ。ちなみに、「パセオ」内にある居酒屋はココだけ。改札口至近という利便性から、在来線や新幹線に乗る前の時間調整でサクッとちょい飲みするサラリーマンの姿も珍しくない。ネオ大衆酒場風の店内は、ゆったりと座れるテーブル席の他に、カウンター席、5~6名様用の個室も用意。周りがお土産屋さんだからか、日中は女性客の姿も多く見受けられる。料理は、名物「かぶと揚げ」の他にも、ねぎ間・レバー・ぼんぢり・カシラなどの串焼きや、しゃもじ焼きで焼き上げるつくねなど、随所にこだわりを散りばめたおいしい居酒屋メニューを用意。〆に人気の「ざる蕎麦」は、栃木県産の蕎麦粉「野州地粉」で打った蕎麦を使用。また、地元栃木県の食材だけでなく、福島県の復興を少しでも応援したいとの想いから、かぶと揚げの伊達鶏や馬刺しの馬肉、地酒の「奥の松」など福島県の食材も使っている。

お店の紹介

お店からのご挨拶

お店からのご挨拶

店長 鈴木勇司氏

当店は、宇都宮名物の「かぶと揚げ」をもっと知っていただきたいとの想いで「かぶと揚げ」をメインに、こだわりのあるおいしいお料理を取り揃えております。当店の「かぶと揚げ」は、継ぎ足し継ぎ足しで育ててきた特製の揚げ油で揚げていますので、まさに“黒兜”のような見映えですが(笑)、カリッと香ばしい食感と、国産銘柄鶏の伊達鶏ならではのジューシーで旨みのある肉質を味わっていただけます。お席もテーブル席とカウンター席、5、6名様用の個室もご用意しておりますので、お一人様からグループのお客様まで幅広くお使いいただけます。エキマエ、エキナカ以上に便利な「改札前」にございますので、宇都宮駅をご利用の際には是非お立ち寄りください。
なお、当店の扉板は、伊勢神宮の境内にあった杉の古木から切り出された一枚板です。お伊勢様の聖域で育まれた、まさに霊験あらたかな神宿る扉板となっております。当店にお越しの際には、是非ご覧になっていただきたいと存じます。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

宮のから揚げ かぶと屋

住所:栃木県宇都宮市川向町1-23 宇都宮駅ビル PASEO2F グランマルシェ内
電話番号:028-627-8482
営業時間:10:00~21:30(L.O 21:00)
定休日:無休(施設に準ずる)
席数:38席
想定客単価:昼800~1,200円、夜800~1,800円

※価格は税抜きで、2018年4月2日時点の金額です。
※内容に関しましてはご来店前にお店へご確認ください。

宮のから揚げ かぶと屋
他のエリアのお店
  • 新潟のお店
  • 長野のお店
  • 群馬のお店
  • 茨城のお店
  • 栃木のお店