調味料は塩だけ。
白カブの魅力全開の「白カブと鶏のじっくり焼き」を作るよ。

白カブと鶏のじっくり焼き

ん~、旨そうな焼き色! いただきま~す!

甘~い白カブが、鶏の旨味と皮の脂をじっくり吸ってコクをプラス。鶏もパリパリ!『サッポロ 麦とホップ』にぴったり!プハ~ッ♪『麦とホップ』が合わないワケがない!

もう一品、白カブさんが気にしていた皮と葉を生かした「浅漬け」はコチラ。

たった5分でこの味わい♪
おいしい白カブは捨てるところなし!
忘れないうちに、スケッチブックにメモしなきゃ。

白カブと鶏のじっくり焼き

白カブ、鶏もも、塩があればできる簡単料理。

鶏に事前に塩をもみ込んでおくことが、味を決めるポイント!

焼く際にお湯の入った鍋=重石をのせて焼くことで、皮がパリッと仕上がる。

白カブと鶏のじっくり焼き

材料分量

  • 白カブ
  • 2個
  • 鶏もも正肉
  • 1枚
  • 小さじ1

作り方

  • 1鶏もも肉を保存袋に入れ、塩を加えてよく揉み込んで10分以上置く。
  • 2白カブの茎の根元を少し残して葉を切り、皮をむいて6等分にする。※皮と葉は浅漬けに!
  • 3フライパンに鶏もも肉の皮を下にして入れ、アルミホイルをかぶせ、お湯の入った鍋をのせて中火で5分焼く。
  • 4皮に焼き色がしっかりついたら鶏を裏返し、2を入れて、さらに5分ほど焼く。白カブは脂を吸わせながら、周りが透き通ってきたら裏返して焼く。鶏に火が通ったら完成。
白カブの浅漬け

「白カブと鶏のじっくり焼き」で使わない、白カブの皮と葉を生かした浅漬け。

塩をちゃんと計量する、野菜を水洗いする、刻み昆布を入れることが大切なポイント!

白カブの浅漬け

材料分量

  • 白カブの皮と葉
  • 2個分
  • ニンジン
  • 1/3本
  • 刻み昆布
  • ひとつまみ(3g)
  • 野菜の1%

作り方

  • 1白カブの葉は5cm程度、ニンジンは短冊切りにする。
  • 2白カブの葉、皮、ニンジンを水洗いして水を切り、保存袋に入れて重さを計る。※水は拭き取らないようにする。
  • 3野菜の重さの1%の塩、刻み昆布を入れてよくもみ込み、しんなりしてきたらぎゅっと握りこんで完成。※野菜が240gの場合は、塩が2.4g。
    (お好みでタカノツメ、刻み生姜を入れてもおいしい)

これでゆっくり眠れるぞ。おやすみなさーい!

新しくなった「サッポロ 麦とホップ」詳しくはこちら!

次回の青ちゃん食堂は羊肉料理の予定です。
お楽しみに!!