大地を創る人 青ちゃん食堂 Season3 Vol.2

ビールにぴったりと、
毎回好評の青ちゃんの
簡単レシピ。
そのレシピはどんな風に
考えられているのでしょうか…。
秘密に迫ります!

大地を創る人 青ちゃん食堂 Season3 Vol.2 春の味覚越冬じゃがいもを使ったレシピ
大地を創る人 青ちゃん食堂 Season3 Vol.2 越冬じゃがいもでおつまみグラタン
青ちゃん食堂 店主 青山 則靖

フードプロデューサー、「キッチンサポート青」主宰。和洋食の飲食店で15年ほど料理人として働く。現在は飲食店や企業のメニュー開発、料理教室など幅広く活躍。

みなさん、こんにちは。北海道でフードプロデューサーをしています、“青ちゃん”こと青山則靖です!いつもは札幌を拠点に料理の先生みたいなことをやっているのですが、不定期で「青ちゃん食堂」というプライベートキッチンもオープンしています。

今は、みんなにもっと楽しんでもらえる新しいレシピを考えているところ!

テーマ食材は、今がおいしい
「越冬じゃがいも」。
あ~、いろんなアイデアが浮かんで、
困っちゃうなー。

<春眠暁を覚えず。青ちゃんはレシピを考えているうちに、ウトウト…。>

青ちゃん!

青ちゃーん!

ねぇねぇ、起きてよ!

ん、アナタは?
どこかで会ったことが
あるような…。

こんにちは、青ちゃん。
十勝・芽室町の越冬じゃがいも、
キタアカリよ。

なんてナイスタイミング!

食材MEMO

越冬じゃがいもとは、冬の間、低温で貯蔵することで、甘味がぐぐっと増したじゃがいものこと。

じゃがいもは寒さから身を守るため、でんぷん質を糖に変えるため、糖度が上がる。

越冬じゃがいもの取材記事が4/28付けの北海道新聞朝刊に掲載!こちらもお楽しみに!

芽室町で越冬じゃがいもを生産する『なまら十勝野』へ取材した北海道Likersの記事もぜひご覧ください! HOKKAIDO LIKERS

青ちゃんは、越冬じゃがいもって知ってる?

もちろん!

じゃがいもの産地は
全国にあるけど、越冬じゃがいもは、
北海道の寒さが育てた、
北海道ならではの魅力だと思うよ。

じゃがいもって、
3つのおいしさがあると
思うんだよね。

青ちゃん's advice

3つのおいしさ

1秋の新じゃがは、若くてキャピキャピしたおいしさ。粉ふきいもにして、ポテサラやコロッケにアレンジするのもおすすめ。

2正月を越した越冬じゃがいもは、味がのってくるし、軽く煮くずれる感じがいいね。カレーやポトフなど、大ぶりにカットして使うとおいしいよ。

3ひと冬越した春の越冬じゃがいもは、寒さを耐え、その先に幸せが待っている…みたいなおいしさ。甘味を生かすのに、じっくり火を入れる料理がおすすめ。こげやすいので要注意。

さすが
フードプロデューサー、
それぞれの魅力を
引き出すのが上手ねぇ。

そんな青ちゃんに、
私の悩みを
聞いてほしいの!

ど、どうしたの?

私の魅力って、
どこかしら?

じゃがいも界には、
「男爵」と「メークイン」の
二大スターがいて、
今ひとつ
目立たないのよ。

青ちゃん's advice

to キタアカリ

良い意味で、メークインほどの粘質はなく、男爵よりもあっさり。いもの果実味がちゃんとあって、とてもバランスのいい優等生。どんな料理にもぴったり。

何を使うか迷った時には、
キタアカリさんがいれば大丈夫!
誰からも愛されるあなたに
自信を持って!!

マルチな部分を
生かして、
さらに愛される
じゃがいもになるわ。
青ちゃん、ありがとう!

あれっ!? 寝ちゃってた…。
でも、越冬じゃがいもレシピがおりてきたぞ!!