サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

ワイン通と呼ばれるために覚えておきたい基本ブドウ品種とは

ワイン通と呼ばれるようになるためには、ワインに用いられる主要なブドウ品種は知っておきたいところ。白ワインに使われるシャルドネ種のように世界各地で栽培され、それぞれ固有の特長を出している品種もあれば、一部の地域でしか栽培されない品種もあります。

ここでは、ワイン通への第一歩として、知っておきたいブドウの品種と、おすすめのワインをご紹介しています。

ワイン通になるために知っておきたいブドウの品種はどれくらいあるのでしょうか

赤ワインに使われる代表的なブドウ品種とは

赤ワインに使用されているブドウ品種は、皮が黒いため「黒ブドウ」と呼ばれています。皮の色の成分がでることで赤ワインのアイデンティティである赤色となります。

・カベルネ・ソーヴィニヨン種

フランスのボルドー地方が原産といわれています。世界中で栽培されている人気の品種です。生産地域は、フランスのボルドーやロワール、イタリアのトスカーナ、チリ、オーストラリア、アメリカなどです。
涼しい地域ではタンニンと酸が引き締まったタイプとなり、暖かい地域では厚みのある濃厚なタイプとなります。濃いワインを飲みたい時に外せない品種です。

・メルロー種

こちらもフランスのボルドー地方が原産といわれており、世界中で栽培されています。特に有名なのは、フランスのボルドー地方のサン・テミリオンとポムロールです。
穏やかなタンニンで滑らかな舌触りのワインに仕上がります。メルロー種のみで醸造することもあれば、ブレンドされて使用されることもあります。

・ピノ・ノワール種

主な生産地域は、原産地であるフランスのブルゴーニュ地方です。その他にはニュージーランド、オーストラリア、アメリカが代表的な生産地域です。
世界中で栽培されている人気の品種ですが、栽培する土地を選び、手間がかかるので、成功することが難しいと言われている品種です。
ピノ・ノワール種のみで醸造されることがほとんどでタンニンが少なく、シルキーで高貴なテイストは多くのワインファンを魅了しています。

マスカット・ベーリーA種

日本を代表する黒ブドウといえば、このマスカット・ベーリーA種。新潟県で交配されて生まれた日本固有品種で、その特長はいちごやキャンディ、綿あめなどを連想させる独特の甘い香り。

ピチピチとした果肉に、鋭い酸。攻撃的かと思えば、まろやかで優しいタンニンによってフルーティーな印象にまとまっています。

ワイン通になるために知っておきたいブドウの品種はどれくらいあるのでしょうか

マスカット・ベーリーA種の味わいをじっくり楽しみたいなら、「グランポレール 岡山マスカットベーリーA 樽熟成(参考小売価格:1,800円)」がおすすめです。

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MF55/index.html

「グランポレール 岡山マスカットベーリーA 樽熟成」は岡山県井原市の協働契約栽培畑で栽培されたブドウのみを、ゆっくりと丁寧に絞った果汁で造られています。マスカット・ベーリーA種の果実味を味わうにはぴったりのフルーティーな1本です。

シラー種

フランスのローヌ地方とオーストラリアを2大産地にもつ品種です。豊かなタンニンでしっかりとしたコクを味わいたい時に最適です。ブラックベリーなどのフルーティーなアロマの中に、黒コショウやビターチョコレートの深みを感じる香りに仕上がります。

力強くパンチのきいた印象を与えるシラー種は、スパイシーな肉料理との相性が抜群。ローヌ地方産とオーストラリア産では、また違った味わいとなるので、飲み比べてみるのも楽しいですよ。オーストラリアではシラーズ種の名で親しまれています。

カルメネール種

フランスのボルドーを原産とする品種ですが、現在はあまりボルドーでは見かけない品種となりました。近年はチリでの栽培に成功したことから、「カルメネール種の栽培地といえばチリ」というイメージが強くなっています。

カシスやプラムといった濃厚な果実のアロマと、コーヒーやビターチョコレートのブーケの組み合わせで、深みのある香りです。まろやかなコクには、同じくしっかりとした味わいの肉料理が合います。

ワイン通になるために知っておきたいブドウの品種はどれくらいあるのでしょうか

カルメネール種を楽しむなら、サンタ・リタの「スリー・メダルズ カルメネール(実勢価格:667円)」はいかがでしょうか。しっかりと感じるタンニンと、豊かな果実味が余韻まで楽しませてくれます。肉料理の他、チーズスフレのように濃厚なスイーツとの組み合わせもおすすめです。

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LP96/index.html

ガメイ種

フランスのボージョレ地方で栽培されている品種で、ボージョレ・ヌーボーに使われていることでも有名です。柔らかくフレッシュさを感じる果実味と、甘く華やかな香りは、早飲みにぴったり。

色が薄く軽やかな印象を与えるのは、ブドウそのものの皮が薄いから。基本的に単一品種でワインを造ることが多いのですが、ロワール地方などフランスの一部地域では、ピノ・ノワール種とブレンドすることもあるようです。

テンプラニーリョ種

スペインの赤ワインで使用される代表的な品種ですが、フランスのラングドック地方、ポルトガルでも栽培されています。

長期熟成型のワインに最適なブドウで、繊細な味わいです。強い酸の中にほど良いタンニンの渋味があり、バランスの良い味に仕上がります。

ワイン通になるために知っておきたいブドウの品種はどれくらいあるのでしょうか

スペインのワイナリーといえば、外せないのがマルケス・デ・リスカル社。テンプラニーリョ種を使用したワインを1本選ぶなら、「リスカル・テンプラニーリョ(参考小売価格:1,350円)」はいかがでしょうか。

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/F487/index.html

フランスの製造法を取り入れ、リスカル社の自社畑のブドウのみで造られたフルボディの高品質な赤ワインです。肉料理やチーズとともに、その濃厚さを味わってください。

ガルナッチャ種

スペイン原産のブドウですが、実はフランス南部のグルナッシュ種と同品種です。ドライフルーツを思わせるフルーティな味わいを楽しめるワインに仕上がり、よくテンプラニーリョ種とブレンドされています。

自己主張しすぎない優しいスパイシーな香りと、独特の繊細なタンニンが印象的なワインを楽しめます。トロトロに煮込んだ肉料理を楽しむなら、相棒はガルナッチャ種がおすすめです。

マルベック種

暗く濃い色調のワインに仕上がることから、マルベック種で造られたワインは、「黒ワイン」と呼ばれることも多かったそうです。

液色に違わず、濃厚な果実味あふれる味わいは、まるで果実を凝縮したかのよう。強い酸としっかりしたタンニンで、コクのあるワインとなります。近年はアルゼンチンで品質の良いワインが造られたことから、アルゼンチンでの注目度が高い品種です。

ネッビオーロ種

イタリアのピ工モンテ州で多く栽培されています。長期熟成型のワインに最適で、しっかりとしたタンニンや強い酸が特長的です。バラやチェリーの華やかさを感じる香りに、長期熟成によって加えられたタバコやキノコのブーケが一層の深みを与えます。

ロンバルディア・南イタリア・サルディーニャとピエモンテ州以外の地域でもよく栽培されているのですが、イタリア以外では栽培が難しい品種でもあります。

サンジョヴェーゼ種

イタリアの代表的な品種のサンジョヴェーゼ種は、多くの地域で広く栽培されています。タンニンと果実味が豊富な、濃いルビー色が美しいワインになります。

多くのクローンが生み出されたことから、多様性に富んだ品種で、地域によって呼び名も様々です。多種多様なスタイルを楽しめます。

おすすめは、「カポラボーロ キャンティ(実勢価格:998円)」。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PW59/index.html

サンジョヴェーゼ種はキャンティの主要品種でもあり、イタリアワインの入門品としても最適な1本です。ほど良いタンニンに適度な酸味で、ミートソースのパスタや肉料理全般、スパイシーな料理にも合わせやすいワインです。

白ワインに使われる代表的なブドウ品種とは

白ワインに使用されているブドウ品種は「白ブドウ」と呼ばれています。これは皮を向いた時の実の色を指し、実際には少し緑がかった半透明ですが、白と表現されています。皮の色はピンクがかったものや緑色のものが主です。

・シャルドネ種

主な生産地域は原産地であるフランスのブルゴーニュ地方です。世界中で栽培されており、生産地域の気候によって表情を変えます。
涼しい地域では青リンゴのように酸味とキレのある味わいに、暖かい地域ではパイナップルのようにふくよかなタイプに仕上がります。

・ソーヴィニヨン・ブラン種

原産地域は、主な生産地域でもあるフランスのボルドーともロワールともいわれています。柑橘類やハーブを思い起こさせるさわやかなワインに仕上がります。
この他にもイタリア、オーストラリア、チリなど世界中で栽培されています。特にニュージーランドでは成功していて、パッションフルーツのような印象的な香りが特長です。

・リースリング種

原産地域は、主な生産地域であるドイツのラインガウ地方といわれています。青リンゴを思わせるフレッシュで高貴な味に仕上がります。
酸味を残してやや甘口~甘口ワインに仕上げられることもあります。

甲州種

日本固有の品種で、その歴史は1,000年を超えるともいわれています。穏やかな酸味をもち、すっきりとした味わいが特長の甲州種は、あらゆる和食との相性が良いワインに仕上がります。

主張しすぎず、料理との協調性が高い甲州種。「日本らしさ」を感じることができるブドウです。

ワイン通になるために知っておきたいブドウの品種はどれくらいあるのでしょうか

そんな甲州種を味わうなら、「グランポレールの甲州辛口(参考小売価格:1,800円)」がおすすめ。低温発酵でブドウ本来の味と香りを引き出し、さらなる発酵でコクとキレのある1本になっています。さわやかな酸味が白身魚の刺身や天ぷらといった、「まさに日本!」な和食によく合います。

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MF53/index.html

リースリング種

ドイツを代表する白ワイン用のブドウ品種といえば、このリースリング種。ミネラル感と、しっかりとした酸味の中に、上品さを感じる果実や花の香り。ペトロール香と呼ばれる、石油を思わせる独特の香りも含まれています。

甘口にも辛口にも使われる、二面性をもつ品種でもあります。辛口は肉料理に、甘口はフルーツをふんだんに使った甘酸っぱいデザートと合わせやすい味です。

マカベオ種

スペインの北部では主要となっている品種で、土地によってはビウラ種の名で呼ばれることもあります。カバの指定品種の1つとしても知られており、豊かな果実味とがっしりとしたボディが印象的な味わいです。

長期熟成にも耐えられる高級品種のマカベオ種は、産地によって香りの印象やミネラル感が異なるのも魅力の1つ。

ピノ・グリ種

ピノ・ノワール種の突然変異によって生まれた品種で、ピノ・グリージョ種とも呼ばれます。厚みを感じるボディに、控え目の酸や苦味が特長。

洋梨や黄桃のような甘い香りの中に白コショウのスパイシーな香りも感じられます。合わせるなら、魚よりも豚肉や鶏肉の料理がおすすめです。

マスカット・オブ・アレキサンドリア種

世界各国で栽培されている品種で、「果実の女王」の名で知られています。女王の名にふさわしく、どこか気品を感じられる芳醇なワインとなります。

古くはローマ帝国時代に地中海の沿岸部で栽培されたヨーロッパ系のブドウですが、日本でも、主に岡山県で栽培されている高級ブドウです。

ミュスカデ種

フランスのロワール地方で栽培されている品種です。白ワインのミュスカデで使用されることからミュスカデ種と呼ばれていますが、正式名称はムロン ド ブルゴーニュ種で、「ブルゴーニュのメロン」という意味です。

ロワール地方独特の製法(シュール・リー製法)で造られるワインが多く、さわやかな風味の辛口に仕上がります。

ワイン通になるために知っておきたいブドウの品種はどれくらいあるのでしょうか

ミュスカデ種をじっくり味わうなら、「ギィ・サジェ ミュスカデ・ド・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リー(参考小売価格:880円)」をお試しください。手頃な価格でフレッシュな味を楽しめるこの1本は、生牡蠣や寿司、刺身といった和食におすすめです。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/J119/index.html

セミヨン種

単一品種よりも、他のワインとブレンドされることの多い品種です。強い自己主張をするわけでもなく、どっしりとした重厚な味わいは、クセのない香りとともに落ち着いた印象を与えます。

貴腐ワインの原料としても知られており、フランスのボルドー地方(ソーテルヌ地区やグラーヴ地区)で主に栽培されています。

ヴィオニエ種

フランスのコート・デュ・ローヌ地方北部を原産とするブドウ品種で、カリフォルニアやオーストラリアなど世界各地で栽培されています。

桃など甘く濃厚な独特の香りと、控え目な酸味。白コショウや生姜のスパイシーな香りが後からふっとわいてくるのも特長です。

パロミノ種

スペインのアンダルシア地方が原産地のブドウです。シェリーのほとんどがパロミノ種を原料に造られています。シェリーを造る際は、辛口のほうが多く造られますが、甘口にもパロミノ種を使ったものがあります。

フルミント種

ハンガリーのトカイ地方が原産のブドウ品種で、豊かな芳香と強い酸味が若々しい印象のワインに仕上げます。ハンガリーの主要品種でもあり、代表的なハンガリーワインの中にはフルミント種ともう1つの主要品種ハーシュレベルー種のブレンドで生まれたものも少なくありません。

ロゼワインに使われる代表的なブドウ品種とは

ロゼワインに使われる代表的なブドウ品種とは

ロゼワインに使用されているブドウ品種は様々で、黒ブドウを使うこともあれば白ブドウを使うこともあります。
ロゼワインがロゼと呼ばれるゆえんは、黒ブドウの皮から抽出される成分が若干入っているためです。抽出される成分の量により、色合いが決まります。

・グルナッシュ種

スペインのアラゴン地方が原産といわれています。主な生産地域はフランス南部、スペイン(ガルナッチャ種と呼ばれる)、イタリアのサルディーニャ(カンノナウ種と呼ばれる)です。まろやかで豊かな果実味をもったワインに仕上がります。

・サンソー種

原産地はフランスのプロヴァンスといわれています。主な生産地域はフランス南部です。
グルナッシュ種やカリニャン種とともにブレンドに使われることが多いです。ベリー類のジャムを思わせる凝縮した豊かなテイストに仕上がります。

グロロー種

フランスのロワール地方、アンジュ地方で多く栽培されているのが、グロロー種。

イチゴなど赤い果実と、桃など白い果実の多様な香りが魅力的で、コショウのスパイシーさが控え目に香ることも。味わいは軽く若々しいワインに仕上がるため、スムーズで飲みやすいことがグロロー種の特長です。

ワイン通になるために知っておきたいブドウの品種はどれくらいあるのでしょうか

グロロー種の特長をよく引き出しているワインは、「ギィ·サジェ ロゼ·ダンジュ(参考小売価格:1,200円)」。鮮やかなサーモンピンクが美しい、微かな甘口のスパークリングワインです。

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/PD62/index.html

料理に合わせるなら、グリルした魚などシンプルで優しい味のものが最適。じっくりワインの味も楽しみたい時は、メロンやベリー系のフルーツタルトなど、デザートと一緒に試してみてください。

まとめ

世界中で覚え切れないほどのブドウ品種がワインになっていますが、実際に覚えておきたいブドウ品種は限られています。

産地ごとに別の印象になる品種や、ブレンドでまた別の顔を見せてくれる品種もあります。それぞれの地方のワインを手に入れる機会があったら、ぜひ飲み比べて違いを楽しんでみてくださいね。

◆リンク
サッポロビールのワイン情報
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/index.php

リンク

この商品を含む、ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインは原産国によって何が違う?

2018.2.1

ワインの原産国っていっても色んな国があってわからない!ワインはワインでどこの国でも同じでしょ?そう思っていませんか?実はワインは原産国によって大きく二つに分かれているんです!

ワインのブドウ品種をご紹介

2018.2.1

普段ワインを飲んでいて、ブドウの品種について気になったことがある人も多いのではないでしょうか?ワインは品種によって味がかなり変わってきます。

製法を知ってワインをよりおいしく

2018.2.1

ワインをもっと詳しくなりたい!そう感じている方はワインの製法についても学んでみると良いでしょう。赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン。