サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

ワイングラスの正しい持ち方って?ワイングラスの基礎知識とマナーを身につけよう!

家で飲むときやカジュアルな食事会であればそれほど気になりませんが、フォーマルな場やレストランなどではワインを飲む際のマナーって気になりますよね。

今回は、ワイングラスの持ち方についてご紹介します。グラスの基礎知識や、シーンに合わせたグラスの持ち方を身につけ、フォーマルな場でも堂々と優雅にワインを楽しみましょう!

ワイングラスの各部位の名称を知ろう

ワイングラスの各部位の名称を知ろう

持ち方についてご説明する前に、まずワイングラスについて理解しておきましょう!

ワイングラスの各部位の名前や、ワイングラスの種類を知っておくと、ワイングラスの持ち方を身につけるのに役立つのはもちろんのこと、ワインの世界をより一層楽しめるようになりますよ。

それでは、ワイングラスの各部分の名称についてご紹介します。

まず、唇がグラスに触れる部分、つまりグラスのふちを「リム」といいます。そして、ワインを注いだときにワインがたまる、グラスの膨らんでいる部分が「ボウル」。

ワイングラスを支える細い脚の部分は「ステム」といい、ワイングラスとテーブルが接触する足の部分が「フット・プレート」です。

ワイングラスの各部分の名称を確認したうえで、ワイングラスの種類についてもみていきましょう。

形状によって、ワインの風味に変化が生じてきますので、それぞれのワインに合ったグラスを選ぶことが大切です。

赤ワインは、大ぶりなものがおすすめですが、さらに渋味や酸味のどちらがしっかりしているかでグラスの形状を選んでみてください。

渋味のしっかりした赤ワインには、すぼまりが緩やかなグラスがぴったりです。

ボウル部分がほどよくカーブしていて、ワインの渋みをほどよく抑えてくれるという特長があります。ボルドー型ワイングラスと呼ばれることもあり、フルボディの赤ワインに適したワイングラスです。

ボウル部分が広く口のすぼまったものが良いですよ

それに対して、酸味のしっかりした赤ワインは、ボウル部分が広く口のすぼまったものが良いですよ。

ボウル部分が広く、ワインが空気に触れる面積が大きくなるため、香りが立ちやすく、繊細な香りを楽しめます。こちらはブルゴーニュ型ワイングラスと呼ばれます。

赤ワインに比べてボウルが中程度のものが温まりにくくておすすめ

白ワインは冷やして飲むことが多いので、赤ワインに比べてボウルが中程度のものが温まりにくくておすすめ。辛口の白ワインには、口のすぼまった、中程度の大きさがおすすめ。こってり、まろやかな白ワインには口径が広く、大ぶりな形状のものを選んでみてください。

・フルートグラス

・フルートグラス

その名の通りシャンパーニュをはじめとするスパークリングワインに最適。縦に細いので、スパークリングワインをグラスに注いだときにキレイな泡が生じ、炭酸も抜けにくいという長所があります。

さまざまな種類があるワイングラス

このように、さまざまな種類があるワイングラス。正しい持ち方とはいったいどのような持ち方なのでしょうか。実は、日本とそれ以外の国で、ワイングラスの持ち方のマナーが大きく異なっているのです。

日本でのワイングラスの持ち方

日本では、基本的にステムを持って飲むのがマナーとされています。ボウル部分を持つと、手の温度がワインに伝わり、味や香りが変わってしまうため、ステムを持つとよいとされているのです。

また、ステムを持つ方がボウルを持つよりも上品に見えます。このような理由から、日本では、フォーマルな場でステムを持つのがマナーとされています。

しかし実は、このマナーは日本のローカルマナーとの説も。国際的にはステムを持つのは、ワインのテイスティングをする時、つまりワインに関わっているプロの持ち方で、一般的ではないようです。

国際的なワイングラスの持ち方とマナー

国際的なワイングラスの持ち方は、「ボウル部分を持つ」という持ち方。

日本の一般的なマナーである「ステムを持つ」という持ち方は、国際的にはテイスティングの際の持ち方であるため、実際にワインを飲むときにはボウル部分を持つというのがポピュラーなんです。

ほかにも、国際的なマナーとして覚えておきたい点はいくつかあります。

たとえば、「注いでもらうときにワイングラスを持ち上げないこと」「基本的には女性はワインを注がないこと」「乾杯でグラスどうしをぶつけない」ことなどです。

外国人が多いパーティーや、外国のレストランでの食事などの際には気をつけておきたいですね。

まとめ

ワイングラスの持ち方には「ステムを持つ」という持ち方と、「ボウル部分を持つ」という持ち方の2種類があります。

どちらが正解とは言えませんが、日本ではステムを持って飲んだ方が無難かもしれません。

いずれにしても、マナーとは他人に嫌な思いをさせないための心配りのこと。臨機応変に対応し、その場をワインとともに楽しみましょう!

◆リンク
サッポロビールのワイン情報
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/index.php

目次へ

RELATED POSTS関連記事
お気に入りのワイングラスを手に入れよう

2018.2.1

家でホームパーティーをする時などにつかうワイングラス!なんでもいいやと適当に選んだものをつかっていませんか?実はワインはワイングラスによって味が変わるんです。赤ワイン、白ワイン、スパークリングワインであうワイングラスは違います。

ワインを素敵に飲むために押さえておきたいマナー

2018.2.1

この記事ではワインのボディについて紹介しています。ワインを飲んだことのある人だったら「フルボディ」「ライトボディ」などといった言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか?

ワインの注ぎ方は難しくない。これだけ知っておけばあなたもソムリエ

2018.2.1

おもてなしをする時や、お家でパーティをするときなどゲストにワインを注ぐ機会があることもあるでしょう。そんなとき、かっこよくワインを注げるようにワインの注ぎ方とマナーを知っておくと急な機会にも安心です。