サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

お気に入りのワイングラスを手に入れよう

香りも色も楽しむワインは、グラス選びも重要です。ワインの美味しさを手軽にアップさせるコツとして、グラス選びのポイントをご紹介します!

グラス選びも重要です

ワイングラスを形で選ぶ

ワイングラスは赤ワイン用、白ワイン用、スパークリングワイン用と大まかに分けられます。さらにワインの香りを引き出すには、品種ごとにグラスを取り替えてみてください。

各メーカーで、ワインの産地やブドウの品種ごとに開発されたグラスが販売されています。定番の銘柄が決まっているのなら、赤用や白用の他に思い切って銘柄にあわせたグラスもひとつ持ってみませんか?

最適な形のグラスが販売されているのは、主に次のような銘柄や種類のワインです。

・ボルドー
・ブルゴーニュ
・キャンティ
・モンラッシュ
・スパークリング

ボルドー用のワイングラスは、汎用性の高さが特長的です。一般的なワイングラスより少し大きめで、重厚感のあるワインにぴったり。

もし「色んな銘柄を飲むけれど、グラスはひとつしか買えない!」というのなら、ボルドー用がおすすめです。

ブルゴーニュ用のグラスは、全体的にまんまるなシルエットが可愛らしく、ワインも軽めのものが合います。

ワインが空気に触れる面積が広いので、香りをしっかり楽しめます。重厚なバローロやバルバレスコの香りを楽しみたいときにも使えますよ!

キャンティ用のワイングラスは、多くのレストランでも採用されているほどトップクラスの汎用性を持っています。

形状は国際規格で定められているテイスティンググラスと似ています。白ワインを飲む方は、これひとつ持っていると十分楽しめます。

モンラッシュ用はブルゴーニュ用に似た、まるいフォルムがポイント。最高級の白ワインを楽しむなら、こちらのほうがおすすめです。

揮発性の低いワインの香りを楽しむのに最適な高さに設計されているため、他のグラスでは香りがうまくたたないワインも、モンラッシュ用グラスならしっかり感じられるはず。

スパークリングワインには、シャンパンにも使えるフルート型がおすすめです。高級なスパークリングワインで香りをしっかり楽しみたいのであれば、少しふくらみのあるタイプを購入すると良いでしょう。

どちらが良いか分からない!というときは、汎用性があって炭酸が抜けにくい細身のタイプがおすすめです。

ところで、よくシャンパンタワーで使われているソーサー型のグラスに憧れたことはありませんか?パーティー会場でも使われていて、自宅にあると何だかおしゃれですよね!

基本的にワインが空気に触れる面積が広くなるので、泡を楽しむスパークリングワインには向いていません。

ただし、炭酸が苦手な方には、炭酸が抜けやすくて飲みやすくなるメリットもあります。好みに合わせて揃えておくのも良いかもしれません。

脚なしのワイングラスもおすすめ

みなさんはワイングラスのイラストを描いてくださいと言われると、どのようなイラストを描きますか?やっぱり、お決まりの脚がついたイラストですよね。

このワイングラスの脚はステムと言い、グラスに注いだワインに人の手の熱が伝わらないように作られた部分です。

といっても、それほど繊細に扱わなくてはならないのは、一部の高級ワインのみ。今はリーズナブルなワインも増えてきて、気軽に楽しめるようになりました。

そんな日常的にワインを楽しめる環境が整ってきたことから、最近では脚のない(ステムなしの)ワイングラスも人気です。

脚がないので倒れにくく、場所をとらないメリットはもちろん、底からも真上からも脚に邪魔されずワインの色を楽しめる点も人気の理由です。

通常のワイングラスだと身構えてしまいそうなら、家飲みにぴったりの脚なしワイングラスに挑戦してみましょう!

安いワイングラスでも楽しめる

安いワイングラスでも楽しめる

ワイングラスの形にこだわりたくても、家飲みだと置き場所に困ってしまいますよね。あまり大きなものや高いものは普段使いしにくいもの。

普段は安いワイングラスで楽しんで、特別な日にだけ高級グラスを使ってみるのはいかがでしょうか。

普段使いできるカジュアルなものを選ぶときのポイントは、「無色透明でチューリップ型を選ぶこと」のみ!

せっかくワインを楽しむからには、色を楽しめる無色透明がおすすめです。

チューリップ型は基本中の基本なので、赤ワインも白ワインも楽しみたい初心者さんはこちらを選んでみてください。

大きめなものほど香りを楽しめますが、家での収納に邪魔になりすぎない大きさを選んでくださいね。

ちなみに、白ワインやスパークリングワインをメインで飲む方は、小さめグラスを選ぶと冷たいうちに飲み干せるのでおすすめです。

高級なワイングラスを購入するなら

高級なワイングラスを購入するなら

リーデル

オーストリア発のリーデルは、創業250年の老舗。ワインごとに適した形のグラスを!と考えた最初のメーカーで、高級レストランでの信頼性も高いです。

手頃な価格帯なら、3~4千円程度で購入できます。もう少し上質なランクで探すなら、定価2万円の『リーデル ソムリエ 400/00 ボルドー・グラン・クリュ』あたりはいかがでしょうか。

熟練のグラスマイスターのみが手がける口吹きによって生み出された、ボルドーワインのためのグラスです。

こちらでリーデルのグラスを手頃なものからチェックできます。プレゼント用はもちろん、自宅用にもぜひ検討してみてください。
http://www.partywine.com/shop/shopbrand.html

バカラ

バカラは言わずと知れた有名メーカーですね。1764年の創業以来、その高い品質を多くの職人たちの誇りとともに次世代へ伝え続けています。

M.O.F.(フランス最優秀職人)の称号を持つ職人を多く輩出してきたバカラは、
かなりの高級品ばかりなので、プレゼント需要のほうが高いでしょう。

とはいえ、5万円や4万円台の商品が多いバカラでも、今では1万円台で購入できるリーズナブルなタイプもあるので、思い切って買ってみては?

最小限度でひととおり揃えたい方には、3万円台のマイ シャトーバカラ セットがおすすめ。4つのグラスは世界中のあらゆるワインを美味しく飲ませてくれます。

ショット・ツヴィーゼル

ショット・ツヴィーゼルは耐久性が魅力です。航空会社にも採用されるその品質は、ドイツ企業らしさを感じさせますね。コスパも良く、最初のグラスにおすすめのメーカーです。

細くスッと伸びた脚が特長で、全体的にスタイリッシュな印象を与えるショット・ツヴィーゼルのグラスは、実はワインを注いだときの重さを考慮して製造されています。

疲れにくい重さに計算されているから、立食パーティーでも使いやすいのが嬉しいですね。リーズナブルな価格帯なら6千円台、ハイエンドなら2万円台です。
おすすめは機能美を兼ね備えた、ピュア・ループシリーズ(5~6千円台)です。リング状のカットやグラス底の直線的なデザインが、ワインと空気をほどよく馴染ませてくれます。

高い品質の中に、一風変わったデザインから生み出された合理性を楽しみたいなら、こちらのショット・ツヴィーゼルのラインナップもぜひチェックしてみてください。

http://www.partywine.com/shop/shopbrand.html

ロブマイヤー

ワイングラスにも凝ってみると

オーストリア生まれのロブマイヤーは脚(ステム)の長さとグラスの薄さが特長的な、繊細なアイテムを得意とするメーカーです。

唇に触れる感触を優先するなら、ロブマイヤーはいかがでしょうか。ただし、繊細すぎるゆえに、取り扱いにかなりの注意が必要です。

主流の価格帯は、1万円台後半から2万円台前半あたり。装飾も美しいシャンパングラスは、8万円台とかなりの高級品です。

機能性だけではなく、繊細な仕事に価値を見出す方は、以下のリンクからロブマイヤーのラインナップもぜひ見てみてください。

http://www.partywine.com/shop/shopbrand.html

ペルル

ワイングラスにも凝ってみると

ペルルは「高級グラスを使いたいけど、丁寧に扱うなんて無理!」という方にぴったりのメーカーです。

ドイツ企業らしい高品質ぶりを見せながら、価格はリーデルよりかなりお手頃。食洗機でバシャバシャ洗いたいなら、ペルルの丈夫さは注目です!飲み口はリーデルより厚みがありますが、継ぎ目などがない美しい仕上がりなので、使い心地が良いのが特長です。

価格は千円台が主流で、ペアグラスを買っても3千円台程度とかなりのお手頃感。日常使いのグラスを探すなら、まずはペルルを検討してみてはいかがでしょうか。

こちらのリンクからラインナップをぜひチェックしてみてください。

http://www.partywine.com/shop/shopbrand.html

まとめ

ワイングラスにも凝ってみると

ワイングラスにも凝ってみると、家飲みでもビックリするぐらいワインの味が劇的に変わりますよ!

たくさん用意できない場合は、基本のチューリップ型でいつも飲むワインにぴったりのグラスをひとつ購入してみてください。汎用性の高いボルドー用やキャンティ用なら、まず失敗はしません。

グラス選びの基本さえ知っていれば高級ワイングラス選びにも役立ちます。ぜひ参考にして自分好みのワイングラスを手に入れてくださいね!

◆リンク
サッポロビールのワイン情報
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/index.php

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインを素敵に飲むために押さえておきたいマナー

2018.2.1

この記事ではワインのボディについて紹介しています。ワインを飲んだことのある人だったら「フルボディ」「ライトボディ」などといった言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか?

ワインの一番美味しい飲み方は?

2018.2.1

せっかくワインを飲むなら正しい飲み方、一番おいしい飲み方を知っておきましょう。ワインにはマナーがあります。レストランでワインを飲む際にはテイスティングを求められることがあるので知っておいた方が良いでしょう。

ワイングラスの正しい持ち方って?ワイングラスの基礎知識とマナーを身につけよう!

2018.2.1

ワイングラスの正しい持ち方を知っていますか?持ち方のほかにも、ワイングラスにはちょっとしたウンチクがたくさんあるんですよ。