サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

甘いワインに合う料理は?おすすめのデザートワインや甘いサングリア

ワインが苦手な方も比較的飲みやすいのが、甘いワインではないでしょうか。ワインをおいしく飲みやすくする工夫として、フルーツやリキュール、ジュースなどでワインを甘くして飲む方法もあります。 ここでは、甘いワインの魅力と、その種類や製法をご紹介します。また、甘めのワインアレンジもお伝えしますので、いままで辛口派だったという方も、ぜひ試してみてくださいね。

甘いワインに合う料理は?おすすめのデザートワインや甘いサングリア

甘いワインってどんなワインなの?

ワインの甘さや辛さは、どのように造られているのかご存知でしょうか。ブドウが原料だから当然甘くなるのでしょうか。それとも、甘口は甘みを後から加えているのでしょうか。

実際はどうなのか、白ワインと赤ワインそれぞれに多い味わいの表記とともに、甘いワインについてご紹介します。

白ワイン

白ワインの味わいの表記で多いのは、辛口や甘口です。中間を表す中口が用いられているものもあります。

辛口や甘口のワインを造る方法は複数ありますが、最も分かりやすいのは発酵を途中で止めてしまうことで、糖分をある程度残す方法です。スペインのシェリーなど酒精強化ワインが有名です。糖分の全てがアルコールに変化したわけではないため、残った糖分による甘味を感じることができます。

他にはブドウがもつ本来の甘味を凝縮してワイン造りを行うことで甘いワインを造る方法や、ブドウが最も甘味をもつタイミングで収穫して果汁を絞る方法などがあります。

ブドウの甘味を凝縮する方法は複数あります。例えばワイン造りの前の段階でブドウを干しブドウにしたり、カビにブドウの水分を奪わせたりすることでブドウの味を凝縮させる方法です。カビを利用した方法は、貴腐ワインなどで用いられています。

カナダやドイツなど厳しい冬が訪れる国では、ブドウが木になったまま凍結することがあります。このタイミングで収穫して絞ったものは濃縮された糖度の高い果汁となるため、あえてこのような収穫方法をとることも。

赤ワイン

甘いワインに合う料理は?おすすめのデザートワインや甘いサングリア

少し難しいのが、赤ワインの甘口や辛口の区別です。というのも、赤ワインは白ワインに比べると辛口や甘口を表記していない場合も多く、代わりに記載されることの多いボディの表記も明確な規定があるわけではないためです。

赤ワインのラベルでよくみられるのが、フルボディ・ミディアムボディ・ライトボディと3種類の表記ですね。これは甘口や辛口の別を表すものではなく、重厚感やフレッシュさなど口に含んだ時の印象を各メーカー独自の基準で表したもの。

アルコール度数やポリフェノールの含有量などある程度の基準はあるのですが、絶対ではありません。アルコール度数の高いワインをフルボディとすることもあれば、アルコール度数の低いものをフルボディに分類することもあるのです。

ボディの表記を参考にワインを購入する際は、目安程度に考えるのがおすすめ。迷った時は、赤ワイン初心者でも飲みやすいライトボディを選んでみましょう。フルーツなどで甘味を加えてアレンジしても飲みやすくなります。

甘いワインに合う料理

甘いワインは食事に合わなさそう。と敬遠していませんか?そんなことはありません。ワイン選びと合わせる料理次第で、意外にも食卓にぴったりの味わいになるんです。

おすすめの料理は、みりんや砂糖で甘みを加えることの多い和食。蒲焼きはタレの濃厚さの中に優しい甘味もあるので、甘いワインとの相性抜群です。

甘口と一口に言っても、甘さの程度はそれぞれ異なります。あっさりとした甘さのワインなら、料理と一緒に食事の席でいただけますし、しっかりとした甘さのワインなら、スイーツと合わせて夜のティータイム代わりに楽しむのも良いでしょう。

あるいは、あえて塩味の強いものを合わせる楽しみ方もあり。アンチョビやチーズを合わせたり、もっとカジュアルにしたいならスナック菓子を合わせてみたり。いろいろと試してみましょう。

しっかりとした甘さのワインは食後に飲もう

甘さがしっかりとしたワインを飲むなら、食後のデザートとして飲むのがおすすめです。

アルコール度数が低く甘味の強いワインは、食後のおしゃべりを楽しむのに最適。どうせならアルコール度数が高いほうが良い!という方は、酒精強化ワインあたりも検討してみては?

たとえば酒精強化ワインの一種、ポートワインはチョコレートとの相性が良く、食後酒として親しまれています。

しっかりとした甘さのワインが飲みたいならデザートワイン

前の項目でも軽く触れましたが、甘口ワインの中には、甘みが強いワインも存在します。お気に入りの1本がそんな甘いワインだった場合、食事の席に出して良いものか迷ってしまいますよね。

しっかりとした甘さのワインは、いつ出すべきなのでしょうか。

甘いワインに合う料理は?おすすめのデザートワインや甘いサングリア

飲むタイミング

おすすめは、やっぱり食後のデザートとして。料理とのマリアージュを考慮する必要がないため、強い甘味でも気軽に出すことができます。

食前酒として簡単なおつまみと一緒に楽しむのも良いでしょう。食事前なので、おつまみはすぐに用意できてお腹に溜まりにくい、一口サイズのチーズあたりが無難ですね。ちょっとした塩気のあるチーズなら、甘みの強いワインにも合わせやすく、食事前に口の中に甘味が残るのを防いでくれます。

甘いデザートワインのおすすめ

食前酒や食後のデザートワインにぴったりの甘いワインをご紹介します。ワインが苦手な方にも比較的飲みやすいと感じてもらえるものばかりです。

甘いワインに合う料理は?おすすめのデザートワインや甘いサングリア

◆ 長野古里ぶどう園貴腐(参考小売価格:30,000円)

長野市郊外にあるぶどう畑で生まれた貴腐ワイン。優しい甘みで心地よい
酸味ともマッチングしています。白ワインの中でも極甘口と呼ばれるほどの
甘さです。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LL22/index.html


甘いワインに合う料理は?おすすめのデザートワインや甘いサングリア

◆コーディア コレクション・プリべ・モンバジャック(参考小売価格:2,200円)

フランス南西地方生まれのワイン。デザートワインとしても食前酒としても
楽しめます。香りも楽しみながらよく冷やして飲みましょう。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/2638/index.html


甘いワインに合う料理は?おすすめのデザートワインや甘いサングリア

◆苺のワイン(参考小売価格:691円)

甘酸っぱい風味と苺の甘い香りで魅力いっぱいのワインです。値段もお手頃で
食前酒にもおすすめです。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MY92/index.html


甘めのワインアレンジ、サングリアやカクテル

もっとデザート感のある甘めのワインにアレンジしたい!と思ったら、サングリアやカクテルに挑戦してみましょう。ここで用意するワインは、辛口でもかまいません。辛口ワインも甘めにアレンジすることで、飲みやすく楽しめますよ。

サングリア

甘いワインに合う料理は?おすすめのデザートワインや甘いサングリア

ワインにカットしたフルーツを漬けるだけのお手軽さが魅力のサングリア。見た目も可愛らしく、お好みのフルーツで色んな組み合わせを楽しめるメリットがあります。

赤ワインとフルーツを合わせるスタイルはもちろん、白ワインでも作ることができます。

サングリアの詳細についてはこちらもご覧ください。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/sangria_recipe/

カクテル

甘いワインに合う料理は?おすすめのデザートワインや甘いサングリア

ウォッカやジンのように、ワインをカクテルのベースにするのも面白いですよ。たとえば、以下のような組み合わせはいかがでしょうか。

白ワインなら、以下の3種類がおすすめです。使う白ワインは辛口を選ぶとさっぱりします。

・キール・・・白ワイン×カシス・リキュール(リキュールはごく少量で)
・オペレーター・・・白ワイン×ジンジャーエール(1対1の割合で)
・スプリッツァー・・・白ワイン×ソーダ(ソーダは白ワインより若干少なめに)

見た目も華やかな赤ワインで作るなら、以下の組み合わせがあります。

・カリモーチョ・・・赤ワイン×コーラ(1対1の割合で)
・キティ・・・赤ワイン×ジンジャーエール(1対1の割合で)
・アメリカン・レモネード・・・赤ワイン×レモネード(レモネードに赤ワインをフロートする)

少し難しいのがアメリカン・レモネード。先に作っておいたレモネード(市販でもOK)に赤ワインをフロートしたものです。比重の違いを利用して作る二層タイプのカクテルで、見た目も美しいのが魅力です。

まとめ

甘口ワインは一見料理に合わせにくいという印象がありますが、甘さの程度によって、食事のおいしさを引き立てる組み合わせもあります。しっかりとした甘さのワインはデザートワインとして食後にゆっくりと味わう楽しみ方がおすすめ。
甘口ワインをそのまま飲むだけではなく、辛口ワインにひと手間加えるだけでも甘くておいしいワインを楽しむことができます。

こちらでご紹介したおすすめの甘いワイン情報やカクテルの例を参考に、あなたにぴったりの甘いワインの楽しみ方を見つけてみてくださいね。

リンク

この商品を含む、ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

目次へ

RELATED POSTS関連記事
デザートワインとは?おすすめのデザートワインもご紹介

2018.2.1

デザートワインの美味しい飲み方と、デザートワインにあうおつまみを紹介しています。デザートワインってなに?と思っている人も、これを読めばデザートワインについて詳しくなれちゃいますよ。

スペイン生まれのサングリア~おすすめの作り方をご紹介

2018.3.12

ワインとフルーツで作る、スペインを代表するお酒「サングリア」。ここでは、サングリアのおいしい飲み方、サングリアに合うフルーツ、自家製サングリアのおすすめの作り方をご紹介していきます。

ワインが苦手な人でも楽しめる!ワインカクテル

2018.2.1

ワインを使ったカクテルを飲んでみましょう。ワインが苦手だという人やすぐに酔ってしまうから好きだけど飲まないといった人もいるのではないでしょうか。