サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

ポートワインとは?ポートワインの基本情報

ワインにはいくつもの種類がありますが、そのひとつ「ポートワイン」ってみなさん聞いたことはありますか?

ここでは、「ポートワインってなに?」「どんな味がするの?」という方のためにポートワインの特長や種類など基本情報をご紹介します。

ぜひポートワインについての知識を得て、ポートワインデビューを果たしてくださいね!

ポートワイン

酒精強化ワインに分類されるポートワイン

ポルトガル生まれのポートワインは、14世紀中頃から造り始められたワインです。ワインの中では酒精強化ワインという部類に入ります。

・酒精強化ワインとは?

酒精強化ワインの“酒精”は、アルコールのことを指します。つまり酒精強化ワインというのは、醸造過程でアルコールを添加することで、アルコール度数を高めたワインということです。

普通のワインはアルコール度数が14度程度ですが、酒精強化ワインの場合は18度前後と高めです。
酒精強化ワインと普通のワインとの違いは、アルコール度数が高いというだけではありません。普通のワインよりも甘いというのも酒精強化ワインの特長。

酒精強化ワインが甘くなる理由は、まだ発酵しきっていない段階のワインにアルコールを加え、糖分の分解を止めているからです。糖分の分解が止まると、その分ワインに糖分が残り甘くなるのです。

酒精強化ワインの中でも有名なのは、スペインで生まれたシェリーとポルトガル生まれのマデイラとポートワインで、世界三大酒精強化ワインと呼ばれています。

つまり、ポートワインは酒精強化ワインの代表といえます。

ポートワインの特長って?

では、酒精強化ワインのひとつであるポートワインの特長をご紹介していきましょう。

まずポートワインは、酒精強化ワインの中でもアルコール度数が高いワインで、さらに19度から22度までに限定されています。

ポートワインを造る際は、まだ発酵段階にあって糖分が残っている状態のワインに、アルコール度数77度のグレープ・スピリッツを加えることで酵母の働きを止めます。

この製造方法によって酵母による糖分の分解が止まるので、独特の甘みとコクのあるワインに仕上がります。

アルコールの添加量によって、アルコール度数と甘さが決まります。甘さは5段階ありますよ。

アルコール度数の高いポートワインは、他のワインと比べて味や香りが劣化しにくく、長期間保存が可能です。

発酵途中でグレープ・スピリッツを加えたワインがすべてポートワインと呼ばれるのでなく、樽の中で熟成を経たものだけがポートワインと呼ばれます。

長いものだと40~50年熟成させて、芳醇な香りを放つまろやかな味わいのポートワインが造られます。

ポートワインの種類を知る

ポートワインポートワインの種類を知る

ポートワインは、大きく分けてレッド・ポートとホワイト・ポートの2つがあります。レッド・ポートは黒ブドウから、ホワイト・ポートは白ブドウを原料にしています。

レッド・ポートはさらに、ルビータイプと黄褐色のトウニータイプの2種類に分けられます。ルピータイプのポートワインは、ワインの色が宝石のルビー色をしていることから、「ポルトガルの宝石」と呼ばれています。

ポートワインといえばルビー色のものを思い浮かべる人も少なくありません。

ルビータイプは、平均3年間の樽熟成後に瓶詰めされる若いタイプのポートワインです。黄褐色のトウニータイプは、小さい樽で熟成させて酸化が進み、ワインが黄褐色に変わったもの。

ホワイト・ポートは、低温発酵で通常のポートよりも発酵を長くしてからグレープ・スピリッツを添加。ホワイト・ポートだけは、最低アルコール度数が16.5度まで認められています。比較的辛口タイプです。

程よい酸味のあるホワイト・ポートは食前酒として飲まれることが多く、フルーティーな香りのレッド・ポートは食後酒として、チョコレートとの相性が抜群。葉巻と楽しむという大人の飲み方もあるそうです。

一般的にポートワインは甘めですが、ポートワインの種類によって甘さの度合いはさまざま。

とくに食前酒として飲まれることの多い白のポートワインの中には少し辛口のものもありますので、いろんなポートワインを飲み比べて好みの味を探してみるといいでしょう!

まとめ

酒精強化ワインの部類に入るポートワイン。ポートワインの特長は、アルコール度数が20度前後と高いこと、独特の甘みとコクがあることが挙げられます。

ポートワインにはいろんな種類がありますが、「どれを選んだらいいんだろう?」と迷っている方にまず試していただきたいのは、「ポルトガルの宝石」と呼ばれているルビー色のポートワイン。

フルーティーな香りが楽しめるルビー色のポートワインは、ポートワインの代表格ともいえますので、ポートワインデビューをしたいという人にはおすすめですよ。

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワイン好きならロゼワインにも挑戦しよう

2018.2.1

なんだか名前がおしゃれなロゼワイン!色通りローズ(薔薇)から来ているロゼワイン!赤ワインでもなく白ワインでもないところが魅力的ですよね!じつはロゼワインの製法は、赤ワインと白ワインをあわせてつくったものなんです。製法は大きく分けて3つあります。

製法を知ってワインをよりおいしく

2018.2.1

ワインをもっと詳しくなりたい!そう感じている方はワインの製法についても学んでみると良いでしょう。赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、スパークリングワイン。

デザートワインとは?おすすめのデザートワインもご紹介

2018.2.1

デザートワインの美味しい飲み方と、デザートワインにあうおつまみを紹介しています。デザートワインってなに?と思っている人も、これを読めばデザートワインについて詳しくなれちゃいますよ。