サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」を2度受賞、歴史と確かな実力で選ばれるワイナリー「ピーター・レーマン」。140を超える契約農家が栽培するブドウは個性に富んでおり、ワインの多様性を生んでいます。今回は、そんなピーター・レーマン・ワインズの魅力についてご紹介します。

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

ピーター・レーマンの特長とは

まずはワイナリーの創始者、ピーター・レーマンの生い立ちとワイナリーの成り立ち、特長についてみていきましょう。

創始者、ピーター・レーマンとは

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

ワイナリーの創設者であるピーター・レーマンがオーストラリアのバロッサに生まれたのは、1930年のこと。17歳になると、ヤルンバ・ワイナリーで醸造の見習いを始めます。その後、バロッサ・ヴァレーを代表するワイナリーの1つ、サルトラムで醸造家とゼネラル・マネージャーを兼任していました。

ピーターがワイナリーを開設したのは、1979年ヴィンテージのブドウの買取りをサルトラムが拒否したことがきっかけでした。ワイン用のブドウを栽培して生計を立てている農家にとって、ワイナリーによる買取り拒否は死活問題にかかわる、とても残酷な決断です。これにより何百という栽培農家が経営破綻に追い込まれました。

ブドウ栽培農家を助けるため、ピーター・レーマンは私財を投じてブドウを買取り、ピーター・レーマン・ワインズを設立しました。莫大な金銭的リスクと個人的リスクを負って栽培農家を危機から救ったのです。

バロッサの栽培農家に対するピーターの忠誠心と愛情の深さは、いつまでも人々の心に残るものでした。一度した約束は必ず守る、“男に二言はない”を地で行くピーターは、「バロッサの男爵」と称され、バロッサにおいて最も愛されていた人物でした。

その心に感銘を受けた農家とワイナリーの信頼はピーターの没後も続き、[イエローテイル]のカセラ・ファミリー・ブランズ社のもとへワイナリーが引き継がれた今もなお、良好な関係を結んでいます。

バロッサの特長

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

ピーター・レーマン・ワインズのあるバロッサの栽培地域や土壌の特長をみていきましょう。

・バロッサ・ヴァレー(Barossa Valley)

標高250~370m、1月の気温は21.4度。日照時間は長く、降雨量は少ない。と域ブドウの収穫期は2月末から4月下旬です。

・エデン・ヴァレー(Eden Valley)

標高380~629m、1月の平均気温は19.4度ととても冷涼な地域。ブドウの収穫期は3月中旬から5月上旬です。

・土壌の特長

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

ピーター・レーマン・ワインズの栽培農家はバロッサ地域のいたるところに存在します。そのため、ブドウ畑の土壌もこのように多種多様。それがワインにも反映され、産地同様、様々なワインが造られています。

受賞歴

ピーター・レーマン・ワインズは、その実力からこれまでに多くの賞を受賞、高い評価を得ています。

・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー 2度受賞
・オーストラリアン・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー賞 3度受賞
・クランシーズ2009年 パーカーポイント90点獲得
・2013年、ワイン専門誌「Winestate(ワインステート)」の「Winery of the Year(最優秀ワイナリー)」を受賞
・ワイン専門誌「Wine Spectator(ワイン・スペクテイター)」で90点以上を50回、トップ10入りを8回達成 など

ピーター・レーマン・ワインズのおすすめ商品

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

それでは、ピーター・レーマン・ワインズのおすすめ商品をご紹介します!良く合う料理も紹介しますので、ワインと料理を一緒に楽しんでみてくださいね。

まずは、ピーター・レーマン・ワインズを象徴する最高級のアイコンワインから。

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

・ストーンウェル・シラーズ(参考小売価格:9,000円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LB98/index.html
フレンチオーク樽で12ヶ月熟成させています。濃く深い色合いに細かなタンニン、チョコレートのような味わいが特長的。フルボディの赤ワインです。ジビエや牛肉料理との相性が抜群。

 

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

次に、デイリーに楽しめるお手頃価格ながら本格派のワインであるポートレートシリーズの2アイテムを紹介します。

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

・バロッサ・シラーズ・ポートレート(参考小売価格:2,200円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LB99/index.html

こちらもフルボディの赤ワイン。バロッサ全域のブドウをブレンドしています。ほんのりとした果実感、さらにチョコレートとバニラのような香りをもちます。ラムチョップなど、味の濃い肉料理と相性が良いです。

 

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

 

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

・エデンヴァレー・リースリング・ポートレート(参考小売価格:2,200円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LC00/index.html
ヴィンヤードのブドウを使用。リンゴやライムのようなさわやかさに、すっきりとした辛口が特長的な白ワインです。天ぷらや中華料理などと合わせてみてください。

 

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

最後に、オーストラリアの「伝説の赤ワイン」をどうぞ。

「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

・バロッサ・クランシーズ・レッド(参考小売価格:1,800円)

http://www.sapporobeer.jp/product/wine/LC01/index.html
カルベネ・ソーヴィニヨン種、シラーズ種、メルロー種を融合させています。クラシックなオーストラリアのブレンドをベースとした、伝説の赤ワインです。たれ焼の焼き鳥やジンギスカンと一緒に合わせてみてください。


「バロッサの男爵」、オーストラリアの「ピーター・レーマン・ワインズ」

まとめ

一度交わした約束は必ず守る。確かな信念のもとにその歴史を培ってきたピーター・レーマン・ワインズは、バロッサ全域のブドウ栽培農家と契約し、伝統的なワイン造りを行ってきました。

多様な土壌で栽培されたブドウで造られたワイン、その味わいはとても個性的で、いろいろな表情を見せてくれます。高級ワインだけではなく、デイリーに楽しめるお手頃ワインもありますので、毎日飲むワインとしてもおすすめです。

◆リンク

この商品を含む、ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

目次へ

RELATED POSTS関連記事
白ワインにおすすめのおつまみ多数紹介!自分の口に合うのはどれ?

2018.3.12

ワインはそれだけでも楽しめるものですが、ワインに合うおつまみがあれば、そのおいしさは二倍にも三倍にもなりますよ!

赤ワインに合うおつまみはどれ?おすすめのおつまみをご紹介

2018.3.12

ワインは「マリアージュ(結婚)」という表現があるほど、食材との組み合わせによってワインの味わいも大きく変わってくる、奥が深いお酒です。この記事では、赤ワインのおいしさを倍増させてくれるおつまみをご紹介します。

ワインのブドウ品種をご紹介

2018.2.1

普段ワインを飲んでいて、ブドウの品種について気になったことがある人も多いのではないでしょうか?ワインは品種によって味がかなり変わってきます。