サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

寒い日はホットワインで温まろう!

寒さが厳しい季節が近づいてきています。あれほど暑く「酷暑」と呼ばれた夏ももう終わり、これからは冷える体をどう温めるか、悩ましい季節となりますね。いくら暖房をきかせても、なかなか身体の芯までは温まりません。そんな時は、体の内側からホットワインで温めてみましょう。今回は、寒い日にピッタリのホットワインを紹介します。

寒い日はホットワインで温まろう!

ホットワインとは?

ホットワインはヨーロッパのクリスマスの定番です。クリスマスマーケットに行くとよく目にするホットワイン、一度は野外で楽しんだことがある方もいるのでは?

ホットワインとは、ワインとフルーツ、それにスパイスを混ぜて温めたものです。ドイツやフランスを始めとするヨーロッパやカナダ、意外なところでは南米でもホットワインが飲まれています。ホットワインという名称は和製英語であり、海外では別の名で呼ばれています。また、国が変わると呼び名も変わり、フランスやイタリアではヴァン・ショー、ヴァン・ブリュレとも呼ばれているそうです。

ホットワインは「グリューワイン」と総称されることもありますが、グリューワインと呼ぶのはドイツやオーストリア、アルザス地方です。こちらは赤ワインではなく白ワインベースのものが主流。北欧ではグロッグと呼ばれ、ワインではなくさらに高アルコールのお酒を使うこともあります。

英語ではモルドワイン、オランダではビショップヴァイン、ブルガリアならグレヤーノ・ヴィーノ、ブラジルはヴィーニョ・ケンテなど、各国で全く違う名称で親しまれています。

考えてみると、日本でも冬は日本酒を「熱燗」という形で昔から楽しんでいます。ワインもそれと同じく、各国で温かいものが伝統的に楽しまれてきているのです。ホットワインは基本的に赤ワインを使いますが、ドイツのように白ワインを使うところもあります。

また、海外ではホットワインに使うスパイスをセットで販売していることもあります。主に使われるスパイスは、シナモン、クローブ、スターアニスの3種。暖かい季節にぴったりなスパイスばかりです。カフェやお店でホットワインを注文するのはもちろん、家庭でも手軽に飲まれている証拠ですね。

フルーツやスパイスを入れることでワインを飲みやすくし、寒い冬に体を温めてくれるホットワイン。見た目もおしゃれですし、自宅でも簡単に楽しめます。材料さえ用意すれば、誰でも手軽におしゃれなホットワインを作れます。

ホットワインがおすすめの理由

寒い日はホットワインで温まろう!

クリスマスマーケットで飲まれるイメージが強いホットワインですが、自宅でも簡単に作れます。ここからは、自宅でホットワインを作るメリットについて紹介します。外で飲むより楽しめる自宅でのホットワイン、その気になるメリットについてもみていきましょう。

自宅でホットワインを作るメリット3つ

週末に開けて飲みきれなかったワインや、1,000円以下のお手頃ワインを使っておしゃれに、かつお得に作れちゃうのが自宅ホットワイン。自分好みに味をアレンジして、オリジナルレシピにもチャレンジできます。部屋の中で飲むと、体を温めるだけでなく、冷めにくい状態にもしてくれますよ。

・メリット①手軽に楽しめる

飲みきれなかったワインやお手頃ワインを使うため、思いついた時に手軽に楽しめるのがホットワインの魅力です。簡単なレシピもご紹介します。今年の冬はぜひホットワインデビューしませんか。

・メリット②オリジナリティを楽しめる

自分好みにレシピをアレンジしたり、好みの味を追求したりできるのが自宅ホットワインの良いところです。フルーツをたっぷり使うとおいしくなるホットワイン、一般的には柑橘類が使われます。オレンジをゆずに変えて、ちょっぴり和風にするのもおすすめ。

スパイスにはシナモンやクローブが定番ですが、ショウガを入れてさらにホットな仕上がりにしてもgood。

ホットワインは基本的に甘い飲み物です。甘くするために、フルーツ以外に砂糖やハチミツを加えることもあります。少し甘味を足したい場合は砂糖を、甘味だけでなく風味をプラスしたい場合はハチミツを足してみてください。コクも出ますので、ちょっとリッチに楽しみたい時にはハチミツがおすすめです。

自分で作ると甘さの調節も自由自在。ただし、ハチミツは入れすぎるとワインの香りを損なうことがあるので適量を心がけましょう。

・メリット③体が冷めにくい

帰宅後、冷え切って疲れた体を温めるためにのんびりお風呂に入ったのに、お風呂からあがると体がすぐに冷えてしまって困る。そんな経験はありませんか?冷え性で辛い冷えに悩んでいる方も多いかと思います。

そこでおすすめなのがホットワイン。現在は日本でもクリスマスマーケットを開催する地域が増えていますが、あのマーケットで飲んだ幸福感と体がポカポカする感覚を、自宅でも堪能できるのが自宅ホットワインの良いところです。

冷えの辛い夜は、スパイスもたっぷり入れてお部屋でリッチにホットワインを楽しんでみてくださいね。

ホットワインを家でも作ろう~レシピ紹介~

寒い日はホットワインで温まろう!

それでは、ここからはホットワインをお家で楽しむためのレシピを紹介します。どれも基本は材料を入れてワインを温めるだけですので、難しいことはありません。料理がちょっぴり苦手な方でも大丈夫!いつもとはちょっと違う、おいしく風味豊かなワインを楽しんでみましょう。

本格的レシピ

まずは本格的な基本のレシピから紹介します。

材料(4人分)

赤ワイン   1本750ml
水      200ml
カルダモン  6粒
クローブ   6つ
スターアニス 4つ
シナモン   2本
アニスシード 大さじ1
オレンジ   1個
きび糖    大さじ10

作り方

1. カルダモンから中身を取り出し、シナモンスティックは軽く砕きます。
2. オレンジとキビ糖以外の材料を小鍋に入れて火にかけ、弱火で沸騰する直前まで温めます。沸騰させてしまうとアルコールが飛んでしまうので注意しましょう。
3. 薄くスライスしたオレンジを加え、沸騰させないようそのまま弱火で15分程度煮出します。
4. 砂糖を入れ、溶けたらでき上がり。砂糖が多すぎると感じたら少し減らしても大丈夫です。スパイスが入らないよう、茶こしでこしてからお召し上がりください。

本格ホットワインを作るコツ

本格的なホットワインの味にするために、気をつけるのは火加減とスパイスの選び方です。風味豊かなホットワインに仕上げるために、スパイスは必ずホールタイプを用意しましょう。

火加減にも注意してください。沸騰させないように、弱火で必ず煮出します。沸騰させるとせっかくの赤ワインの味が損なわれてしまいますので注意しましょう。

寒い日はホットワインで温まろう!

本格ホットワインを作る時の赤ワインは、国内製造で安心の「ポリフェノールでおいしさアップの赤ワイン」がおすすめ。サイズは2つ。たっぷり楽しめる1.8L(参考小売価格:1,097円)と手軽な720ml(参考小売価格:500円)があります。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/MX63/index.html

手頃な価格ながらコクとまろやかさをもち、バランスの良い味わいで人気のワインです。たっぷり大容量ですので、ホットワインをたくさん作ってホームパーティで振る舞ってみてはいかがでしょうか。

簡単レシピ

本格派のホットワインを思いついた時にすぐ作るのはちょっと大変ですよね。ここからはさらに簡単に楽しめるレシピを紹介します。

 

・ホットワインレモネード

ちょっと一息いれたい時、いつでも簡単に作れるのがこのホットワインレモネードです。

材料

赤ワイン     60ml
お湯       90ml
レモン汁     大さじ1
はちみつ     大さじ1

作り方

1. 材料を耐熱カップに入れて混ぜます。レンジ600Wで30秒ほど温めれば完成です。レンジによってはワット数を変えて沸騰しないように注意してください。

 

・ヒマラヤンシェルパティー

ヒマラヤ登山を助けるシェルパ(登山時の荷物運搬、案内などを行う人)が愛飲しているという、ワインに熱い紅茶を混ぜるだけのお手軽ホットワインです。仕事の疲れでぐったり、そんな夜のリラックスタイムにどうぞ。

材料

赤ワイン   90ml
紅茶     30ml

作り方

1. 紅茶を煮出します。
2. 赤ワインを入れた耐熱コップに熱い紅茶を注いだらでき上がり。

 

・はちみつショウガの白ワインのホットワイン

白ワインのホットワインならこちらをお試しください。体を温めてくれるショウガもチューブタイプのものを使えばとっても簡単。

材料

白ワイン         180ml
ハチミツ         適量
チューブのおろししょうが 小さじ1/4

作り方

1. 耐熱カップにワインを入れ、600Wで30秒温めます。
2. 温めたワインにショウガとハチミツを加えて混ぜましょう。お好みで洋梨を浮かべてもOK。

ホットワインに合うおつまみは?

ホットワインを作ったら、簡単に作れて手軽につまめるおつまみも用意してみましょう。

クラッカーで簡単おつまみ

寒い日はホットワインで温まろう!

生ハムとクラッカーで簡単につまめるおつまみを作りましょう。
必要な材料は、クラッカー、生ハム、スライスチーズ、オリーブオイルのいずれも適量用意します。クラッカーの上に生ハムとスライスチーズを重ね、上からオリーブオイルをかけたらできあがり!黒胡椒を上からかけてもスパイシーでおいしくなります。お好みでどうぞ。

リンゴチーズ

寒い日はホットワインで温まろう!

りんごと様々なチーズを用意してスライスするだけで、十分立派なワインタイムを楽しめます。りんごもチーズもお好みのものを用意しましょう。市販の6Pチーズでも大丈夫ですよ。

サンドイッチ

寒い日はホットワインで温まろう!

休日の午後からのんびりホットワインを楽しむなら、サンドイッチやブルスケッタと一緒にランチ気分で楽しむのもおすすめです。フランスパンや全粒粉のパンを用意して、具材はお好みで大丈夫。好きなものを好きなだけサンドして、贅沢な時間を堪能してみてくださいね。

まとめ

冬に嬉しいホットワイン、いろいろなレシピで楽しめることがわかりました。今日の気分は赤ワインか白ワインか、使うスパイスやフルーツは何にしようか。仕事帰りにスーパーに立ち寄って、材料を吟味しながら考えてみるのも楽しそうですよね。

ホットワインだけでも手軽においしく楽しめますが、せっかくならおつまみも用意してみませんか。おつまみは簡単かつ好きなもので大丈夫。フルーツが入っているので果物も合いますし、ワインなのでチーズも相性抜群です。北欧や北米、さらに南米でも親しまれているホットワイン。今年の冬はクリスマスマーケットだけでなく、自宅でも手軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

リンク

この商品を含む、ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ワインが苦手な人でも楽しめる!ワインカクテル

2018.2.1

ワインを使ったカクテルを飲んでみましょう。ワインが苦手だという人やすぐに酔ってしまうから好きだけど飲まないといった人もいるのではないでしょうか。

ワインは冷やして飲んだ方が美味しいのか

2018.2.1

せっかくワインを飲むなら、一番おいしいと言われる方法で味わいたいですよね。白ワインは冷やす、赤ワインは常温というのはよく知られていますが、どのくらいの温度が最適なのでしょうか。