サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

肉料理には赤ワインが定番ですが、赤ワインといっても種類はたくさんありますよね。
いったいどんな基準で選べば良いの?という疑問にお答えすべく、お肉ごとにぴったりのワインを選ぶポイントをご紹介します!
おすすめの肉料理に合うワイン情報や、ワインと相性抜群のレシピもご紹介するので、ぜひ試してみてくださいね。

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

がっつり!牛肉料理に合うワインって?

肉料理の代表ともいえる牛肉。霜降りのステーキ、牛肉100%のハンバーグなど、脂身もおいしくいただけるお肉だからこそ、赤ワインは欠かせません。

どうして赤ワインなの?と疑問に思う方も多いでしょう。赤ワインがお肉に合う理由は、その渋味にあります。

赤ワインの渋味を造っているのは、タンニンというポリフェノールの一種。ポリフェノールはブドウの皮や種に多く含まれているため、それらと一緒に醸造する赤ワインのほうが白ワインより多くタンニンを含んでいます。

このタンニンの存在が、牛肉の旨味と甘味をより一層引き立ててくれます。

脂身たっぷりのステーキを食べても、赤ワインを飲めば口内はタンニンが脂分を流し込むように包み込み、心地良い食感を楽しむことができます。よって、脂っこさにうんざりすることなく、がっつりお肉を堪能できます。

そのため、牛肉にはタンニンの渋味がしっかり感じられるフルボディの赤ワインがおすすめです。

タンニンを含むオーク材の樽で醸造された赤ワインはさらに渋味が増しているので、もしオーク樽醸造の赤ワインを見つけたら、ぜひ脂身たっぷりの料理と合わせてみてください。

例えば、家庭でも気軽に楽しめる料理との組み合わせなら、次のようなものがおすすめです。

おすすめの牛肉料理×ワイン

ジューシーなお肉の旨味を最後まで楽しむには、赤ワインは最強の相棒です。

こちらでは、手頃なワインと身近な家庭料理の組み合わせをメインに紹介しますので、ぜひ家族との夕食やホームパーティーで試してみてくださいね。

【すき焼き】 × [イエローテイル]カベルネ・ソーヴィニヨン

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

すき焼きに合わせたワインは、[イエローテイル]カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:1,007円)です。


日常使いできる価格でありながら、ブラックベリー、チョコレート、バニラのアロマの複雑さが魅力の赤ワイン。微かに香るミントは主張しすぎず、ちょうど良い存在感で肉料理のこってりした味に染まった口内をさっぱりリフレッシュさせてくれます。

フレッシュなベリーの強い酸味にはスパイシーさも感じられ、すき焼きの肉と卵による濃厚さをさらに楽しませてくれます。

[イエローテイル]の特長や魅力については、別のページでより詳しくご紹介しています。そちらもぜひチェックしてみてください。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/yellow_tail/

[イエローテイル]カベルネ・ソーヴィニヨンに合うすき焼きは、醤油やみりん、砂糖によるしょっぱさと甘さが織り成す独特の濃い味が魅力的。市販のもので手頃に済ませるのも良いですが、さらに酒とだし汁を合わせて、自分好みの割り下から作るのもおいしいですよ。

関東風と関西風に分かれるすき焼きですが、基本的な材料に大きな差はありません。

異なるのは作り方。簡単に解説すると、全ての調味料をあらかじめ混ぜ合わせた割り下を使うのが関東風で、調味料を1つずつ鍋に投入していくのが関西風です。

そのため、関東風は割り下で最初から肉や具材を煮込むスタイルとなり、関西風は肉を焼きながら調味料を追加して味付けをしていくスタイルとなります。

すき焼きの詳しいレシピについては、別のページでご紹介しています。割り下の分量についても書いているので、市販ではなく1から作ってみたいという方におすすめです!
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000608/index.html

【ハンバーグ】 × リタ 120(シェント・ベインテ)カベルネ・ソーヴィニヨン

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

ハンバーグに合わせたワインは、リタ 120(シェント・ベインテ)カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:1,200円)です。


日常的に楽しめる価格でワインのおいしさを楽しめる120(シェント・ベインテ)シリーズは、チリのサンタ・リタ社の旗艦ブランド。全体の調和がとれた高品質なワインのラインアップがそろいます。
120カベルネ・ソーヴィニヨンは、凝縮感のある完熟したプラムなどの果実香がふんわりとただよいます。適度なタンニンは軽めの肉料理にも、濃厚なハンバーグなどにも合います。

サンタ・リタ社の魅力について、別記事でまとめています。主なラインアップにも触れているので、チリワインに初めて挑戦する方はもちろん、サンタ・リタ社をもっと知りたい方にもおすすめのページです。ぜひご覧ください。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/santa_rita/

ハンバーグはその名のとおり、ドイツはハンブルグで労働者に愛されていたとされる肉料理です。日本ハンバーグ・ハンバーガー協会によると、日本の一般家庭で当然のように食され始めたのは、1950年代ごろだったとのこと。

元祖ドイツ風で牛肉と豚肉の合いびきにするのも良いですが、濃厚でジューシーなハンバーグにするなら、牛肉100%がおすすめ。

・牛ひき肉
・みじん切りにした玉ねぎ
・つなぎのパン粉
・卵
・臭み消しのナツメグ

主な材料はこれだけ。塩こしょうでしっかり味付けするのを忘れずに。時間短縮したい時は、思いきって市販のハンバーグヘルパーなどを使うのも良いでしょう。

ソース作りにも赤ワインを使うと、さらに赤ワインとの相性がアップします。

ハンバーグの詳しいレシピについては、以下のレシピページを参考にしてみてくださいね。
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000686/index.html

【ローストビーフ】 × ペリート カルメネール

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

ローストビーフに合わせたワインは、ペリート カルメネール(参考小売価格:610円)です。


ワイングラスとボトルのイラストで犬の顔を表現した、可愛らしいラベルのペリートシリーズ。フルボディのペリート カルメネールは深みのある赤が視覚的にも肉料理にぴったり。

見た目を裏切らない深みのあるコクは、ブラックチェリーの果実感とチョコレートの甘い香りに彩られています。ローストビーフやビーフシチューなど濃厚な肉料理に合わせやすい、チリワインらしい「お手頃価格ながら高品質」の一本です。

ペリートシリーズの詳細は、ブランド情報をまとめた別記事をぜひ参照してみてください。おすすめの料理情報も簡単に解説しています。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/perito/

何だか難しそうなローストビーフですが、フライパンを使えば自宅でも簡単に作ることができます。材料となる牛ブロック肉は、常温に戻しておくと失敗しにくくなりますよ!

塩こしょう、にんにくを肉にすり込みますが、ポイントは荒びきの黒こしょうを使うことと、塩こしょうは多めに使うことです。

ローストビーフの詳しい作り方は、以下のレシピページでご紹介しています。おすすめのラタトゥユソースと和風ソースの両方もあわせてレシピを公開しているので、その日の気分で使い分けてみてくださいね!
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000777/index.html

あっさり!鶏肉に合うワインって?

同じ肉料理でも、牛肉に比べてさっぱりとした印象の強い鶏肉。そんな鶏肉料理に合わせるのは、赤ワインで良いのでしょうか。

肉料理には赤、魚料理には白、というのはワイン選びで誰もが耳にする基準ですが、近年ではそれほど重要視されていません。

何故なら、白ワインでも肉料理に合うものがあれば、赤ワインでも魚料理にぴったりのものがあるからです。

たまには鶏肉にも好相性の軽めの赤ワインももちろん良いのですが、さっぱりとした白ワインを合わせてみませんか?

ソテーやサラダ仕立ての料理は特に白ワインのさわやかさが合いますよ!シャブリ、ロワールやアルザスで造られたワインなどがおすすめです。

料理に同じ系統の香りや味のワインをあえて合わせてみるのも、自然な味わいが楽しめて魅力的です。

スパイシーな料理にはスパイシーなワインを、こっくりしたオイスター炒めなど濃いめの料理には赤ワインを。

さっぱりした料理とこっくりした料理の両方がでるテーブルには、どんなものにも合わせやすいロゼワインが合います。

肉料理には赤!と決め付けず、料理ごとにワイン選びを楽しんでください。

このポイントを踏まえつつ、次の項目ではおすすめの鶏肉料理と合うワインをご紹介します。

おすすめの鶏肉料理×ワイン

淡白な印象の鶏肉ですが、合わせるソースや調理方法次第で濃厚な味にもなる、二面性をもつ食材です。その魅力を楽しみつつ、こちらで紹介する鶏肉料理に合うワインも試してみてくださいね。

【鶏肉のソテー】 × ラ・キュベ・ミティーク ブラン

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

鶏肉のソテーに合わせたワインは、ラ・キュベ・ミティーク ブラン(参考小売価格:1,800円)です。


健康志向の方でも罪悪感なく食べられる鶏肉のソテー。白ワインと楽しんでみましょう。おすすめは、ラ・キュベ・ミティーク ブラン。シロップ漬けの梨のような、バニラやハチミツのような甘い香りに厚みを出すのが、口に含んだとたんに広がるトースト香です。

南フランスのラングドックの技術とプライドが詰まったラ・キュベ・ミティーク ブランについては、以下の詳細ページでブランドの特長とともに詳しく解説しています。
http://www.sapporobeer.jp/product/wine/K765/index.html

そんなラ・キュベ・ミティーク ブランに合う鶏肉のソテーを、せっかくならひと手間加えたおしゃれな料理にしてみませんか?バジルの葉と一緒に生ハムで巻いてオリーブオイルで焼くと、ハーブの香りがラ・キュベ・ミティーク ブランに良く合います。

詳しいレシピについては、以下のページを参考にしてください。
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000938/index.html

【鶏肉の黒こしょう炒め】 × ビオ マニア<オーガニック> チリ カベルネ・ソーヴィニヨン

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

鶏肉の黒こしょう炒めに合わせたワインは、ビオ マニア<オーガニック> チリ カベルネ・ソーヴィニヨン(参考小売価格:860円)です。


ラベルに描かれた大きな眼鏡のイラストが目印の、ビオ マニア<オーガニック> チリ カベルネ・ソーヴィニヨン。タンニンと酸味のバランスが良く、柔らかさの中にしっかりとした渋味や深みを感じます。

黒こしょうのスパイシーさが引き立つ鶏肉料理にぴったりのオーガニックワインです。詳細については別ページで解説しているブランド情報もチェックしてみてください。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/biomania/

セロリ、パプリカ、ピーマンと一緒に炒めて彩りも良く作ると、季節の変わり目で体調が優れない時にもパクパク食べられちゃいます。にんにくの香りも加わっているので、食欲増進と疲労回復にもおすすめ。

詳しい作り方は、以下から飛べるページでご紹介中です。
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000714/index.html

【枝豆とささみのイタリアンおかずサラダ】 × マルケス・デ・リスカル オーガニック ブランコ

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

枝豆とささみのイタリアンおかずサラダに合わせたワインは、マルケス・デ・リスカル オーガニック ブランコ(参考小売価格:1,600円)です。


スペイン王室御用達の由緒あるワイナリー発のオーガニック白ワイン。透き通った透明な見た目と辛口の表記がシャープな印象を与えますが、一口含んでみるとアニスやフェンネルなどのスパイスの優しい香りを感じます。

マルケス・デ・リスカル オーガニック ブランコの詳細とワイナリーの魅力については、以下のページをご覧ください。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/spain_marques_de_riscal/

枝豆と鶏肉に、トマトやしらすを加えて、見た目も食感も楽しい一皿の完成!オリーブ油とバジルでおしゃれな洋風に仕上げているので、「枝豆はオヤジっぽい」なんて言う友達がいたら、ぜひ一緒に食べてみてくださいね。

レシピの詳細と盛り付け見本画像は、以下のリンクを参照してください。
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000229/index.html

さっぱり!豚肉に合うワインって?

豚肉をつかった鍋料理に合うワインって

しゃぶしゃぶや鍋料理のようにさっぱりした味付け、そしてポークチョップのようにこっくりとした味付け。両方を楽しめる豚肉は、ワイン選びも悩んでしまいますね。

そこで今回は、豚肉を使った鍋料理にぴったりのワインに絞ってご紹介します!

豚肉がメインとなる鍋料理といえば、例えば「豚肉と白菜のミルフィーユ鍋」があります。

豚肉のしっかりした歯ごたえと白菜のさっぱりした味わいが絶妙なこの料理には、繊細な香りも楽しめる白ワインがおすすめです。

すっきりした酸味のあるサンセールやガヴィ、ソアーヴェなどはハーブの香りが花やフルーツの香りとともに感じられるため、お肉料理にぴったり。さらにすっきり飲めるように、白ワインは軽く冷やして楽しんでくださいね。

迷った時はロゼワインもおすすめです。鍋料理のようにさっと火を通す程度の肉料理には、特に合いますよ!

次の項目でおすすめの豚料理とのマリアージュを楽しめるワインをご紹介します。豚肉に合わせるワインで迷ったら、こちらを参考にしてみてください。

おすすめの豚肉料理×ワイン

【しゃぶしゃぶ】 × グランポレール 北海道余市ピノ・ノワール

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

しゃぶしゃぶに合わせたワインは、グランポレール 北海道余市ピノ・ノワール(参考小売価格:4,000円)です。


グランポレールは日本の4大ワイン産地の1つである、北海道から。タンニンと酸味のバランスが良く、けして主張しすぎない余韻がふっと駆けていく心地良さは、柔らかなミディアムボディだからこそ。

すみれの花やいちごのアロマが、しゃぶしゃぶの豚肉のさっぱりした味に良く合います。ワインの詳しい情報は、以下のブランド詳細ページでご紹介しています。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/gran_poreru/

しゃぶしゃぶで彩りを出すには、香味野菜選びが重要です。万能ねぎや水菜といった定番野菜に加え、お肉と相性の良い青じそ、三つ葉、みょうがを用意しましょう。適度な辛味が食欲をそそります。

しゃぶしゃぶの詳しい作り方やポイントについては、以下のレシピページで解説しています。
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000122/index.html

【サムギョプサル】 × ベリンジャー カリフォルニア・ホワイト・ジンファンデル

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

サムギョプサルに合わせたワインは、ベリンジャー カリフォルニア・ホワイト・ジンファンデル(参考小売価格:1,200円)です。


アメリカ カリフォルニア生まれのロゼワインですが、これがなかなか中華料理やエスニック料理に合うんです。フルーティでほど良い酸味と可愛らしい色は、食前酒にもぴったり。

ブランド情報とともにこのワインの魅力をさらに紹介している別ページもあります。ぜひ一緒にご覧ください。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/beringer/

豚肉も野菜もたっぷり食べたいなら、豚肉の焼肉「サムギョプサル」がぴったり。白菜キムチなど韓国料理でおなじみの薬味はもちろん、甘酢にあえた大根やサニーレタス、エゴマの葉も合わせましょう。

詳しい材料や下準備のポイントについては、以下のレシピページを要チェック。
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000146/index.html

【キャベツと豚肉の梅風味蒸し】 × ギィ・サジェ サンセール

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

肉料理に合うワインの選び方をご紹介します

キャベツと豚肉の梅風味蒸しに合わせたワインは、ギィ・サジェ サンセール(参考小売価格:3,300円)です。


フランスのロワール地方に拠点を構えるギィ・サジェが送り出す白ワイン、サンセール。白い花や柑橘系の香りとしっかりした酸味で、フレッシュな印象を与える一本です。

辛口でキリリとした口当たりは、淡白な魚介料理や和風に味付けした豚肉料理にも合わせやすいのが魅力です。

ギィ・サジェ社やワインに関する詳細情報は、以下のブランドページでぜひチェックしてみてください。
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/guy_saje/

酒蒸しがおいしいのは、魚介類だけではありません。鍋いっぱいに並べた白菜と豚肉を、お酒で蒸したら、旨味が凝縮されたスープも染み出してきます。必要な塩分は梅干をほぐして白菜と豚肉の間に挟むだけで十分。

以下のレシピページで詳しい分量と見本写真をご紹介しています。ぜひ参考に作ってみてくださいね。
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000568/index.html

まとめ

ついつい肉料理には無難に赤ワインを合わせがち。でも、意外と白ワインがしっくりくる料理も多いんです。

肉料理に合わせるワインを選ぶ際は、そのワインの特性も意識してみてください。こってりした料理をたくさん食べられるのは、タンニンが多い赤ワイン、さっぱりした料理には、白ワインですっきりと。

鶏肉や豚肉のように淡白な味になりやすい素材は、ソース次第で合わせるワインも異なってきます。

料理ごとにどんなワインが合うか考えるのも、なかなか楽しいものですよ。こちらでご紹介したレシピとワインの組み合わせ情報を参考に、ぜひいろいろ挑戦してみてください。

リンク

この商品を含む、ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

目次へ

RELATED POSTS関連記事
ボージョレ・ヌーボーの味わいって?

2018.2.1

ボジョレー・ヌボー?ヌーボ?ボジョーレ?ボージョレ・ヌーボー!毎年11月に解禁となりその独特なキャッチコピーが話題になるボージョレ・ヌーボー!どんな意味なのでしょうか、ちょっとだけお教えすると実はボージョレとはフランスの産地なのです!

ワインのボディについて徹底解説

2018.2.1

この記事ではワインのボディについて紹介しています。ワインを飲んだことのある人だったら「フルボディ」「ライトボディ」などといった言葉を聞いたこともあるのではないでしょうか?

赤ワインをもっとおいしく飲むための基礎知識

2018.2.1

ポリフェノールを多く含む赤ワイン。なぜ赤ワインがポリフェノールが豊富だと言われているかご存知でしょうか。