サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

産地から選ぶ、日本ワイン

日本産ワインの魅力を、その産地の特長とともにご紹介します。

その産地の特長とともにご紹介します

日本最大のワイン産地、山梨

ワイン造りに欠かせないブドウ。そのブドウ栽培に最適な環境を有しているのが、果物王国の山梨県です。「甲州ワイン」というものを聞いたことはないでしょうか?

その甲州がずばり山梨県でとれるワイン用ブドウの品種名なのです。

甲府盆地は昼夜の寒暖差が激しいため、ブドウ栽培に向いています。

そのため、国内のワイナリーの3~4割は山梨県内にあり、とくに勝沼地区に集中しています。この勝沼地区は国内ワインの発祥の地でもあるんですよ!

山梨県の特産品、甲州は白ワイン用のブドウ品種。柑橘系のさわやかな香りと優しい酸味が特長的で、飲みやすいと人気です。

今でこそ日本固有の品種である甲州ですが、そのルーツをたどると中国、はては中央アジアにまで遡るそうです。

シルクロードを通って中国に渡って根付いた野生ブドウが日本に渡り、今は日本のワインを支える代表的な存在となっているなんて、なんとも不思議ですね。

昔は生食用として栽培されていましたが、近年ではワイン用として使われることが多くなりました。

果物の栽培が盛んな山形

果物の生産量なら、山形県も負けていません!さくらんぼの佐藤錦はとくに有名ですね。山形県も夏が暑く冬は寒く、寒暖差の激しい地域のため、果樹栽培が盛んです。太陽光をまんべんなく受けられる傾斜の多い地と、水はけの良い土壌も良質なブドウ栽培に向いていました。

南陽市鳥上坂には、江戸時代にブドウ栽培が始まったことを記す碑が立っており、山形県が長い年月をかけてブドウ栽培の礎を築いてきたことがうかがえます。

そんな山形県は日本三大ワイン生産地のうちのひとつ。とくに品質向上には目を見張る努力をしていて、「山形県産認証ワイン」は県内産ブドウのみで醸造された質の良いワインにのみ与えられる称号です。

メルローやシャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨンの他、マスカットベーリーAやデラウェアも山形県で多く生産されています。

地元産にこだわっている山形県では、地元の芸大生がデザインしたラベルを使用したワインもあり、その可愛らしさは女性にも大人気です!

ワイン用ブドウ栽培では全国一位、長野

長野県のワインも世界的に名が知られるようになってきました。夏は暑く冬は寒く、そして昼夜の寒暖差。水はけの良い土壌に加え、降水量が全国平均より少なく日照時間が長い長野県は、ワイン用ブドウ栽培に最適な自然条件が揃っています。

信州ワインバレーという4つのエリアに分かれたワインどころがあり、千曲川、日本アルプス、天竜川、桔梗ヶ原の4つのバレーがあります。

日本アルプスバレーには、サッポロビールが手がける安曇野池田ヴィンヤードがあります。安曇野池田は、松本から安曇野に産地が広がるエリア。

長野県内のブドウ栽培の発祥の地といわれる場所があり、古くからブドウ栽培が盛んな地域です。ぜひ候補のひとつに入れてみてください。

さらに長野ではメルロー、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン、ピノ・ノワールなど多くの品種が栽培されています。

天竜川エリアではヤマ・ソービニオン、ヤマブドウといった日本固有品種によるワインも醸造されているため、バレーごとの特長を楽しめるのが長野ワインの魅力のひとつです。

最適なブドウ栽培環境、北海道

北海道には梅雨や台風の影響がなく、冷涼な気候や風土など、ブドウ栽培に適した環境が整っています。

近年、ワイナリーの数は増え続けていて、ワイン造りの活気あふれる土地と言えます。また、ワインの品質も高まっています。

北海道でのワイン造りは、実はかなり早く明治時代がスタートでした。明治政府主導の殖産興業の流れの中、札幌に設立されたビールを造る「開拓使麦酒醸造所」の一画に「開拓使葡萄酒醸造所」がありました。

ブドウ栽培もおこなわれていましたが、害虫の被害の影響などで、その後は半世紀以上も北海道のワイン造りは中断します。

そして、50年ほど前に十勝にワイナリーが誕生。それ以来、短期間での醸造技術の向上と進化により、今や世界から注目されるワイン生産地にまでなったのです。

北海道では、冷涼な気候が似ていることもあり、ドイツ系のブドウ品種の栽培が多くされていましたが、最近では気候変化の影響もあり、フランス系のブドウ品種も目立つようになってきました。

まとめ

まとめ

日本国内のワインも知名度を上げてきた昨今、世界的にも金賞を受賞したり、航空会社のファーストクラス用ワインに採用されたりと大活躍!

山梨県、山形県、長野県、北海道の他にも、国内ワインを醸造している産地は複数あります。ここでご紹介した産地それぞれの特長が色濃く出たワイン、ぜひお試しあれ。

◆サッポロビールが提供する、日本ワイン「グランポレール」
http://www.sapporobeer.jp/wine/gp/

◆リンク
グランポレールの紹介記事はこちら
http://www.sapporobeer.jp/wine/wine_opener/article/gran_poreru/

目次へ

RELATED POSTS関連記事
日本ワインについて紹介

2018.2.1

ワインの産地と言えば、やはりフランスやイタリアなど外国のイメージが強いですよね!しかし、世界のワインコンクールなどで受賞しているワインの産地を見てみると、日本のワインも実はあるのです!

新世界ワインとは?ワイン初心者向けに新世界ワインを徹底解説

2018.2.1

ワイン好きのなら「新世界ワイン」や「ニューワールド」などといった表記を、1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

ワイン通と呼ばれるために覚えておきたい基本ブドウ品種とは

2018.2.1

カベルネ、シャルドネ、ピノ・ノワール、、、なんとなく聞いたことあるけどこれってなんの名前?なんて思っている人も多いでしょう!