サッポロビール株式会社
★SAPPORO
  • よくあるご質問・お問合せ
  • サイトマップ
  • マイページ
  • 会社情報
  • サッポログループ
★SAPPORO マイページ
マイページ
メニュー
メニュー
clear

イタリアワインは面白い!和食に合わせるなら、イタリアワイン!

ワイン部2年目、みきです。イタリアワインはお好きですか?実は、イタリアワインは和食と相性抜群なんです!イタリアからワイナリー3社が来日した際のマリアージュ体験レポートをお届けします。

イタリアワインと和食の相性がいいこと、ご存知ですか?初めて聞いたという方が多いかもしれません。その理由からお伝えすると・・・

理由①)イタリアと日本、地形・気候が似ているから!

どちらも海に囲まれている・南北に長い・四季がありますよね。

理由②)イタリアと日本、料理のジャンルが似ているから!

カルパッチョ→刺身、パスタ→そば、うどん、トマトソース煮・ワイン煮→煮込みなど。似ていますね!

理由③)イタリアと日本、味覚が似ているから!

どちらも素材本来の良さを引き出す調理法が多く、親和性が高いです。

つまり!日本食、そして日本人にイタリアワインが合わないわけがないということです。

イタリアワインは面白い!和食に合わせるなら、イタリアワイン!

日本人の日常の食卓にイタリアワインが相性抜群であることを証明しに、イタリアワイナリー3社がまとめて来日してくださいました!イタリアン業界第一人者の林茂さんのレクチャー付きで、ワイナリー紹介とマリアージュを説明してもらう体験会が行われました。

今回来日したワイナリーの特長とイチオシの商品をおすすめの和食とともに順番にご紹介します。

◆ラ・ジョイヨーザ(LA GIOIOSA)

イタリア北部のヴェネツィアが有名なヴェネト州にあるプロセッコのワイナリーです。プロセッコとは、世界的に大ブームとなっているスパークリングワイン。今や、シャンパンを抜き、スパークリングワインでは世界最大の販売数量なんですよ。ラ・ジョイヨーザは、17世紀初頭から続く名門、かつ大手です。とてもコスパが良いうえに、アリタリア航空の公式プロセッコ、そしてアメリカン航空でも採用されている信頼のプロセッコワイナリーですよ。

イタリアワインは面白い!和食に合わせるなら、イタリアワイン!

ラ・ジョイヨーザのおすすめプロセッコはこちらの2アイテム!

①プロセッコ・ディ・ヴァルドッビアーデネ スプマンテ・エクストラ・ドライ(参考小売価格:1,850円)

②プロセッコ・ディ・トレヴィーゾ(参考小売価格:1,400円)

どちらもしっかりと冷やして楽しんでください。イタリアンならカルパッチョ、和食ならお刺身とともに楽しんでくださいね。

イタリアワインは面白い!和食に合わせるなら、イタリアワイン!

2つめのワイナリーは、動画とともにお伝えしますね。

◆メッツァコロナ(MEZZACORONA)

ラ・ジョイヨーザがあるヴェネト州の北、トレンティーノ・アルト・アディジェ州にあるワイナリーです。1904年に1600ものブドウ栽培農家の共同組合として設立されました。100%自社畑で栽培されたブドウから醸造、そして販売・輸出まで各段階ごとに品質管理が徹底されています。2009年にはワイン・エンスージアスト誌のベスト・ヨーロピアン・ワイナリーを受賞!!味わい・品質共に高く評価されています。イタリアを代表する白ワインのブドウ品種、ピノ・グリージョ種の生産量はイタリアNO.1です !

 

メッツァコロナのおすすめアイテムはこちらの4つ!

①メッツァコロナ カステル・フィルミャン テロルデゴ・ロタリアーノ リゼルヴァ(参考小売価格:2,000円)

②メッツァコロナ カステル・フィルミャン ピノ・グリージョ リゼルヴァ(参考小売価格:2,000円)

ラベルのクロスはあぜ道を、星はさまざまな人々の協力を意味しています。テロルデゴはトレンティーノ土着の品種。またピノ・グリージョもイタリアを代表する白ワイン品種としてアメリカ・ヨーロッパで人気が高いです。どちらもメッツァコロナならではの丁寧に造られたワインです。①の赤ワインは、ビーフシチューや赤身の肉料理と、②の白ワインはグラタンやお鍋とも相性がいいですよ!

③メッツァコロナ アンテッラ ピノ・ノワール(参考小売価格:900円)

④メッツァコロナ アンテッラ ピノ・グリージョ(参考小売価格:900円)

アンテッラとは「伝統的な土地」、つまりワイン文化を何世紀にもわたって育んできたイタリアの大地を意味しています。どちらも自社ブドウ100%!③の赤ワインはクリームシチューやカマンベールチーズと、④の白ワインは魚介料理や天ぷらと合わせて楽しんでください!

イタリアワインは面白い!和食に合わせるなら、イタリアワイン!

残すワイナリーはあと1つ。次もとっておきのワイナリーです。

◆タラモンティ(TALAMONTI)

アブルッツォ州というブーツ型をしたイタリアのふくらはぎ下のあたり、中部イタリアにあるワイナリーです。2001年設立の新興ワイナリーですが、数々のコンクールで金賞を受賞している実力派。2014年5月現在で、全部で733個もの金メダルを受賞しているほど!標高300mの小高い丘に位置し、水はけの良い区画のみを選定してブドウを栽培。すべて手摘みで収穫し、丁寧に選定された良質な果実のみを原料としています。徹底した品質・衛生管理の下、最新鋭の設備で高品質のワインを製造しているワイナリーです。

イタリアワインは面白い!和食に合わせるなら、イタリアワイン!

①トラボケット(参考小売価格:1,800円)

トラボケットという名前はアドレア海で18世紀から使用されている漁具に因んでおり、ラベルデザインにアレンジされています。さわやかでバランスのとれた酸味が特長。自社畑で生育したペコリーノ種というブドウを手摘みで収穫。多数の賞を受賞しているワインです。シンプルな魚のグリルや生牡蠣、野菜の天ぷらと合わせてみてください。

②タラモンティ ルメ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ(参考小売価格:1,200円)

③タラモンティ ルメ・トレッビアーノ・ダブルッツォ(参考小売価格:1,200円)

ルメ(Lume)は「灯火」「光」などを意味しています。②の赤ワインはモンテプルチアーノ種を使用していて、完熟したベリーの香りと味わいが、鶏肉料理やシチューと相性抜群です。③の白ワインは、トレッビアーノ種を使用し、熟したりんごや白桃の甘いアロマとやわらかでまろやかな酸が、魚介料理全般に合いますよ。

イタリアワインは面白い!和食に合わせるなら、イタリアワイン!

いかがでしたか?実際の体験会では、小皿に少しずつ和食を取って、ベストマッチを試しました。色々な組み合わせを試してみると新たな発見がありました!イタリアワインと和食のマリアージュの発見、みなさんも色々と試してくださいね!!

イタリアワインは面白い!和食に合わせるなら、イタリアワイン!

サッポロビールの取り扱うイタリアワインはこちら
http://www.sapporobeer.jp/wine/winery/italy/index.html

リンク

この商品を含む、ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします)

amazon

Rakuten

yahoo Yahoo!ショッピングはこちら

WINE MARKET PARTY

RELATED POSTS関連記事
イタリアワインの特長とは

2018.2.1

世界の中でもワインの生産量が多いイタリア。そんなイタリアワインの中でも特長的なワインはどんなものか知りたくありませんか?

乾杯にぴったりな「プロセッコ」!おすすめのマリアージュや特長をご紹介

2018.5.25

プロセッコがどういったスパークリングワインなのか、食卓で楽しむ際の食事とのマリアージュについてご紹介しています。

ワインのペアリングを覚えると、ワインと料理がさらにおいしくなる!

2018.8.17

ペアリングという言葉をご存知でしょうか。